文系の医学部再受験対策

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

文系出身の医学部再受験生でも合格することは十分可能です。

医学部再受験TOP > 文系の医学部再受験対策

文系出身者の医学部再受験対策

文系科目

医学部は周知の通り理系学部に該当するため、文系出身者は理系科目や数学など勉強負担が増えてしまいます。

理系出身者であれば高校や受験時代に一通り勉強しているため、再受験生であっても勉強しているうちに思い出してくるかもしれません。

しかし、文系出身者となれば数学なら数Ⅲは学習していないうえ、理系科目は比較的容易な地学を選択しているケースがあり、数学と理系2科目は一から学び直す必要がある人も多いと思います。

文系出身者の人は、もともと理科や数学が苦手で文系の道を選んだ人も多く、医学部再受験を目指す場合は苦手科目を克服していかなければなりません。

よって、理系出身者よりも勉強量が多くなってしまい負担が大きいですが、文系からでも医学部合格をしている人も少なくないので諦めることはありません。

ただし、医学部再受験だけでも難易度が跳ね上がるので、文系出身者は理系学生よりも相当の覚悟が必要となります。

文系科目の英語など得意科目を活かす

文系出身の医学部再受験生のなかには英語が得意な人も多いと思いますが、医学部受験では英語が必須科目となっており配点比率を考えれば強みを発揮できます。

つまり、英語の配点比率が高い医学部を選択すれば、高得点の英語が合否に影響に大きく影響することは間違いなく、多少理系で得点が伸びなくても合格できるかもしれません。

例えば、順天堂大学や国際医療福祉大学並びに東邦大学は、英語の配点が理科2科目分に相当し、順天堂に至っては数学の倍の配点が与えられているので、英語が得意な人は得点を伸ばしやすい傾向にあります。

ただし、順天堂大学医学部は年齢には寛容ではない姿勢であるため、再受験生にはあまりお勧めとは言えません。

また、国公立大学の医学部再受験の場合、センター試験が必須となるため、英・国・社の文系科目があり高得点を目指すことは理系出身者より容易かもしれません。

文系科目の対策時間がカットできるのであれば、その分理系科目への対策時間に充てられるので結果的に理系科目の底上げにもつながります。

さらに、文系出身の再受験生のなかには国語が得意で文章作成能力に長けている人もいると思いますが、この場合は小論文試験で有利にすることが可能です。

このように医学部は理系学部ですが、受験では文系要素も大きいので文系だからと言って不利になることばかりではありません。

しかし、国公立大学医学部の二次試験および私立大学医学部の一般入試は、やはり理系科目が多いので理系出身者が文系よりも有利であることは間違いありません

文系出身の医学部再受験生の場合、いかに短期間で理系科目の偏差値を上げながら英語重視の大学を選択できるか、そして年齢に寛容な医学部へ出願するかが合格に大きく影響してきます。

英語重視の医学部

大学 英語 数学 理科2科目
順天堂大学 200 100 200
国際医療福祉大学 200 150 200
東邦大学 150 100 150

医学部再受験の寛容度を確認する>>

文系出身者は医学部編入も候補に入れる

医学部再受験生の場合、一般入試から合格を目指しますが文系出身者の場合は編入試験も候補に入れたほうが合格できる可能性は高くなるかもしれません。

というのは、国公立を中心に医学部の学士編入試験は盛んに実施されていますが、なかでも文系出身者でも受験しやすい入試制度を取り入れている大学あるからです。

数学や理科などが試験科目になかったり、一般的な知識しか問われなかったりなど文系出身者でも対策すれば十分に合格可能な得点が取りやすい医学部があります。

ただし、あくまで入試の際の話であり、医学部に入学後は理系科目が必須知識となるため、ハードな勉強が待ち受けておく覚悟は必要です。

それでも、一般入試では数学や理科2科目の難易度が高くなりがちで、医学部合格ができずに諦めてしまうよりは編入という手段で挑戦してみる価値は大いにあります。

学士編入で合格できれば大学1年生から再びやり直さなくて良いので、学費の節約になるのはもちろん、貴重な時間を大きく節約することができます。

医学部学士編入について詳しく確認>>

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.