琉球大学医学部

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

沖縄にある新設医科大学の1つ琉球大学医学部医学科は医学部再受験生にとって最適かどうかを解説。

医学部再受験TOP >  琉球大学医学部

琉球大学

医学部といえばその難易度が有名ですが、実は医学部再受験を狙う人が意外にも多いです。

しかし、医学部再受験は、自身の大学受験とのブランクが大きい上に年齢という点で引け目を感じがち。

今回紹介する琉球大学医学部なら、そんな医学部再受験といえど、効率的な勉強法と正しい情報、そして有効な受験戦略があれば、合格は難しくありません。

ここでは、そんな医学部再受験生の間で密かに「狙い目」とされる、琉球大学医学部について紹介していきます。

琉球大学医学部医学科

琉球大学医学部医学科の特徴

琉球大学医学部医学科は、1979年に設立された国公立大学の中では最も新しい医学部です。

沖縄県内の学生が最も多く7割を占めていますが、関東圏内からの学生も多いことで有名なうえ、女子学生の比率も高いのが特徴です。

2025年に医学部と附属病院が宜野湾市西普天間地区に移転する沖縄健康医療拠点を設立予定で、今後はより医療環境が充実することが期待されています。

キャンパスライフ

琉球大学は沖縄県中頭(なかがみ)郡に位置し、北海道大学と筑波大学に次ぐ広大な広さのキャンパス。

偏差値は2021年度入試で65.7と医学部の中でも下位に位置付けられます。

医学部は那覇市から車で30分ほどの上原キャンパスにあり、他学部との関わりはほとんどありません。

新入生の多くが、進学後半年以内に免許を取得し自家用車を購入するほど、車は必須のアイテム。沖縄は雨が多いため、原付や自転車だと何かと不便なことが多いようです。

また、周囲に大型スーパーやコンビニ・ドラッグストアも揃っているようで、大学生活としては十分な環境にあるよう。

近辺に居酒屋やバーもあるため、学生同士はもちろん仲良くなった先生と飲みに行く学生も少ないと聞きます。

琉球大学医学部の基本情報

キャンパス 上原キャンパス
住所 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
学費 約350万円
男女比率 59.4:40.6(2020年度)
医学科公式HP https://www.med.u-ryukyu.ac.jp/

琉球大学医学部医学科の特徴やカリキュラム

琉球大学医学部医学科の特徴

一般的に医学部のカリキュラムは、教養・基礎医学・臨床医学・臨床実習とに大別されます。

ここでは琉球大学医学部のカリキュラムについて、大まかにご紹介します。

1年次

人文科学や統計学などの教養教育と、医学概論や解剖学実習などの基礎医学の学習が同時並行で行われます。

2年次

「臨床基礎」として、免疫学や病理学などを学びます。また、医学英語を中心に学ぶ、「医学外国語」があります。

3年次

臨床基礎の残りとして公衆衛生を学ぶ傍ら、頭頸部・胸部など系統的に臨床学を学び、「沖縄長寿」「熱帯医学」といった琉球大学のみの特色科目を学びます。

また、後期には離島実習や研究室配属があります。

4年次

前期は法医学や東洋医学などの社会医学を学び、夏頃にCBT/OSCEを受験。

晴れて合格することができれば、11月から臨床実習が開始します。

5・6年次

4年次の後半から開始した臨床実習は6年次の7月ごろまで続きます。

途中、5年の秋と6年の秋に卒業試験として「総合試験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」があります。

卒業試験を合格し、最後に国家試験まで合格すれば、晴れて卒業・医師免許取得となります。

琉球大学の特徴的なカリキュラムとは?

ここでは、琉球大学のカリキュラムの中でも、他大学とは異なる特徴的な部分をご紹介します。

1年次からのシミュレーション実習

琉球大学では、1年次に早期体験実習として「外来患者付き添い実習」を行います。

また、2年次には介護体験実習、3年次には離島地域医療実習が行われます。

4年次にはTBL(team-based learning)方式によるチュートリアル学習を通して、臨床推論を学びます。

これらの早期からの実習は琉球大学ならではの特徴と言えます。

充実した研究室配属

琉球大学では3年次の後期に3ヶ月間の研究室配属があります。

この期間は全国医学部の中でも比較的長いようで、理系学部や理系企業出身の医学部再受験生が活躍する場ともなります。

臨床実習先の自由度が高い

琉球大学では全72週の臨床実習が行われます。

その実習先は琉球大学に留まらず、沖縄県立中央病院をはじめとする県内の協力病院や離島診療所が含まれています。

さらには、選抜を合格する必要がありますがハワイ大学・ミシガン州立大学・台北医学大学・タマサート大学(タイ)・南洋理工大学LKC医学部(シンガポール)など海外での4週間の短期海外実習にも参加することができます。

医学部再受験生への寛容度

医学部再受験生への寛容度

結論から言うと、琉球大学は医学部再受験生に「かなり寛容」です。

例年、医学部再受験生の入学は全体の1割〜2割程度で推移しており、国公立の中でもかなり医学部再受験での入学者が多い大学となります。

2013年度には4浪以上の入学者が107名中21名と、全員が医学部再受験ではありませんが、異例の数字が出たことも。

以降はこれほどの人数とまでは行きませんが、2020年度入試では22歳以上が13人で、30代が3人。この年齢割合からも医学部再受験生が比較的学年に多いことがわかります。

2021年度入試においても医学部再受験生の合格は全体の1割を超えており、琉球大学は医学部再受験に寛容な大学だといえます。

琉球大学の試験対策や医学部再受験合格に必要な勉強法

医学部再受験生への寛容度

ズバリ「基礎力」

琉球大学の合格には、ズバリ「基礎力」が鍵となります。

後述しますが、琉球大学医学部の配点比率は共通テストやや重視型

さらに、二次試験の問題はは他学部共通問題であるため、医学部再受験生といえどどんなに勉強しても二次試験でライバルに点差をつけることは難しいと言えます。

また、共通問題自体も問題数が比較的少ないため、1問の配点がかなり高い

これらのことから、医学部再受験生の琉球大学合格には、基礎学力が試さる共通テストで高得点を取り、二次試験でも共通問題でミスをしない十分な「基礎力」が必要だと言えます。

医学部再受験に必要な勉強法とは?

琉球大学の二次試験は他学部共通問題。前述するように、基礎力を高めることが最優先となります。

また、琉球大学公式情報では、直近の二次試験について、最高点は約85%、平均点は77〜79%となっています。

したがって、琉球大学前期試験では二次試験で8割以上の得点率を得られれば筆記試験で落ちることはまずありません。

面接対策はというと、医学部再受験生だからといって特別注意しなければならないことはありません。

というのも、琉球大学は医学部再受験には寛容。

得点開示をしたら面接点が満点だったという30代前半の医学部再受験生の話を聞いたことがあるほど。

もちろん、典型的な回答では医学部再受験生として相応しくありません。

志望動機はもちろん、特に社会問題や今後の医療についてなどは、医学部再受験ならではの社会経験などに基づいて自論を展開できると良いでしょう

また、琉球大学の後期試験は英語長文2題からの小論文が特徴的。

英語の読解と日本語要約が得意な医学部再受験は、とても有利と言えます。

例えそれほど得意でなくても、この小論文の配点は1300点満点中の100点のみ。共通テストで十分な成績を取れていれば医学部再受験生の合格可能性は十分にあります。

総じて、琉球大学合格のために医学部再受験生に必要な勉強は「基礎力の徹底充実」。

医学部再受験生の多くは、自身の大学受験からブランクのある人がほとんどのため、応用力をそこまで要求されず基礎力重視という点でも、琉球大学は医学部再受験に寛容だと言えるでしょう。

一般入試の概要と結果【2021年度】

一般入試の概要と結果【2021年度】

ここでは、琉球大学医学部の一般入試の概要と結果をご紹介します。

お示しするデータは2021年度入試を反映した最新版となります。

また、琉球大学医学部医学科は推薦入試Ⅱとして17名の定員がありますが、多くの医学部再受験生は条件に当てはまらないので省略します。

なお、共通テストについては、理科:物理・化学・生物から2科目、地・公:世界史B・日本史B・地理B・現代社会・倫理政治経済から1科目となっています。

また、数学は数Ⅲを含み、理科は化学基礎・化学/生物基礎・生物/物理基礎・物理から2科目と、国公立医学部では一般的な内容となっています。

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 総合点
大学共通テスト 200 200 200 200 100 900
2次試験 200 200 200 200 800
合計 400 400 400 200 100 200 1700

配点比率を見ると、

大学共通テスト:2次試験 = 52.9%:47.1%

となっており、少しばかり共通テスト重視の配点になっていると言えます。

合格者数と志願者倍率

次に、琉球大学2021年度前期試験の定員・合格者数・倍率についてご紹介します。

2021 2020 2019 2018 2017
定員 70 70 70 70 70
志願者数 314 264 381 437 391
受験者数 278 227 323 319 321
合格者数 74 70 70 71 70
倍率 3.76 4.61 4.61 4.49 4.59

なお、倍率=受験者数/合格者数として計算しています。

2021年度入試では少し下がりましたが、例年の倍率は約4.5倍。

国公立医学部としては平均的な倍率です。

後期日程の入試科目と入試結果

次に、2021年度での琉球大学の後期日程入試科目と配点についてお示しします。

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 小論文 総合点
大学共通テスト 200 200 300 200 100 1000
2次試験 200 100 300
合計 200 200 200 200 100 200 100 1300

なお、共通テストの科目指定については、前期と同じです。

配点比率を見ると、

大学共通テスト:2次試験 = 76.9%:23.1.1%

となっており、国公立医学部の後期試験として一般的な共通テスト重視の配点になっていると言えます。

小論文

例年、英語長文が2題出題され、「要約しなさい」という設問が全て。

120分の間に100字〜300字ほどの要約文を複数問求められるが、中には「自分の考えを入れつつ書きなさい」といったものも。

後期試験ということで共通テストの点数が大きく左右されるが、

医学部再受験生にとっては、決して難易度が高いわけではなく、十分な得点源とも言えます。

最後に、琉球大学2021年度後期試験の定員・合格者数・倍率についてご紹介します。

2021 2020 2019 2018 2017
定員 25 25 25 25 25
志願者数 413 321 456 381 355
受験者数 91 127 96 141 114
合格者数 28 27 28 26 26
倍率 3.25 3.42 3.42 5.42 4.38

なお、倍率=受験者数/合格者数として計算しています。

後期試験の倍率は直近3年連続で約3倍弱。

国公立医学部の後期試験にしては比較的倍率が低いと言えるでしょう。

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.