日本大学医学部

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

日本大学医学部は、慶應・慈恵・日医に次ぐ歴史を誇り再受験生にもおすすめの医学科です。

医学部再受験TOP >  日本大学医学部

日本大学医学部医学科

日本大学

日本大学医学部医学科は、受け身ではない自己啓発型教育を採用し、6年を通じて人間性に溢れた倫理感のある医療人の育成を行っています。

1年次は、一般教養の勉強と並行して基礎医学の学習もスタートし、実査に医療現場で医学生としての自覚を芽生えさせ、6年間の目標と将来像を明確化させていきます。

2年次からは本格的な基礎医学の勉強を行い、人体の構造および機能を理解して医学を学ぶための基礎を構築。

そして、3年次からは臨床医薬や社会医学をPBLチュートリアルにてディスカッションを少人数で行いながら問題点の発見・解決していく能力を磨き、4年次後半から医療チームの1員となって医療行為を行うクリニカル・クラークシップと呼ばれる臨床実数が6年生まで続きます。

なお、6年生は意欲があれば海外で学ぶ機会もあります

医学部再受験生の一般入試対策や合格状況

日本大学医学部医学科は、歴史が古いだけでなく、多くの有名な医師を輩出していることでも有名で国内外で活躍する医療人を養成しています。

日本大学附属板橋病院では、肝臓手術においては10年連続国内第一位の手術数と成績を誇っているのが特徴。

また、宇宙医学や再生医療の開発など、最先端の研究も行っています。

私立御三家に次ぐ歴史ある医学部

日本大学医学部は、慶應義塾大学・東京慈恵会医科大学・日本医科大学の私立御三家に次ぐ4番目の私立大学医学部として誕生した長い歴史があるため、教授の数も多く医学界での権威も高いのが特徴。

したがって、ネットワークや関連病院も豊富で卒業後のキャリア形成の上ではメリットが大きい医学部であると言えるでしょう。

ちなみに心臓外科医として有名な順天堂大学の天野篤教授も本学卒業生です。

学費は高め

私立大学医学部は、御三家をはじめ難易度が高い大学ほど学費は割安な傾向にありますが、日本大学の場合は3,310万円と高額。

私立大学医学部で学費が最も安いのは国際医療福祉大学の1,850万円で、最も高額な学費は川崎医科大学4,550万円なので、割高感が分かるかと思います。

御三家の次に歴史ある医学部としては学費の影響もあるのか、偏差値も中堅レベルです。

したがって、学費が問題ない医学部再受験生ならば、日本大学は進学先としておすすめだと言えます。

医学部再受験生にも合格のチャンスはある

日本大学の場合、医学部再受験生には寛容ではないという声もありましたが、最近は最新の2020年度の入試結果を見ても分かるように、3浪以上の入学者は3割を超えています。

3回目の浪人生でも学力勝負で合格が実現できるということは、医学部再受験生も当然チャンスがあります。

したがって、日本大学は医学部再受験生でも十分に合格が目指せる大学と言えるでしょう。

現役生 一浪 二浪 三浪 その他
入学者数 15% 25% 24% 11% 23%

日本大学医学部の入試情報と対策

日本大学では、一般入試でA方式とN方式の2種類の日程で一般入試を実施。

A方式は他の医学部でも実施されている個別試験ですが、N方式は同一試験日・同一問題で実施される試験で複数学科に併願できるのが特徴です。

ただし、募集定員はA方式がほとんどなので、日本大学の合格を目指す医学部再受験生はA方式が本命となります

また、日本大学医学部では二次試験でクレペリン検査という適性検査が実施されるのが特徴。

医学部再受験生だからと言って不利になることはないので、落ち着いて解きましょう。

面接試験も日本大学のアドミッションポリシーを理解しておくことが重要で、医学部再受験生の場合は年齢や受験を決めた理由など他の主要質問事項と合わせてしっかりと対策しておくことをおすすめします。

なお、二次試験の合否は調査書、適性検査、小論文、面接の総合判定で実施していますが、日本大学の場合は学力試験の点数に関係なく、不適正と認めれれば不合格になることもあるので注意が必要です。

それでも、医学部再受験生の合格者も日本大学は多いので、年齢が大きな理由になる可能性は低いと言えます。

日本大学医学部の基本情報

キャンパス 板橋キャンパス
住所 〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町 30-1
学費 3,310万円
男女比率 66:34(合格者割合)
医学科公式HP http://www.med.nihon-u.ac.jp/index.html

2020年度一般入試の試験結果

日本大学で実施された2020年度の入試結果情報をまとめました。

医学部再受験生が受けるであろうA方式とN方式の2種類の結果となります。

なお、2019年度の入試から補欠合格には順位が付けられるようになったので、繰り上がりの可能性がより分かりやすくなりました

A方式の合格者数と志願者倍率

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 志願者倍率
97 3226 2564 164 19.6

A方式の試験科目

一次試験科目 配点
数学 100点
英語 100点
理科 200点
合計 400点

※理科は「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」の3科目から2科目選択

二次試験科目 配点
小論文 30点
面接
適性検査
合計 30点

合格最低点:259.2

N方式の合格者数と志願者倍率

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 志願者倍率
10 455 340 17 26.7

N方式の試験科目

一次試験科目 配点
数学 100点
英語 100点
理科 200点
合計 400点

※理科は「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」の3科目から2科目選択

二次試験科目 配点
小論文 30点
面接
適性検査
合計 30点

合格最低点:264.6

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.