北海道大学医学部

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

旧帝国大学の1つ道外出身者にも人気の北海道大学は医学部再受験生に寛容かどうかを解説。

医学部再受験TOP >  北海道大学医学部

北海道大学

北海道大学医学部は、旧帝大の1つに数えられる名門大学。

もちろん難易度は高いですが、医学部再受験生にとっては憧れを抱く大学の1つと言えるでしょう。

そんな北海道大学は医学部再受験生にとっておすすめの大学なのか。

ここでは、北海道大学の基本情報や過去の入試実績を踏まえ、医学部再受験生にとって最適であるか解説していきます。

医学部再受験生で北大に興味がある人は参考にしてみて下さい。

北海道大学医学部医学科

北海道大学医学部医学科は、1919年に設立された北海道帝国大学医学部をルーツにもつ歴史ある医学部医学科です。

これまで1万人以上の学生が医師として医療界で活躍しています。

北海道大学では、入学後は1年間は医学教養コースとして、教養科目を中心に履修していくことになります。

そして、2年次から3年次1学期までの約1年半は、基礎医学コースに在籍し、人体の構造や機能を病気のメカニズムや治療の原理など基本的な分野を中心に勉強。

3年次2学期からは臨床医学を1年かけて勉強していき、様々な病気を多面的に学びながら診察や検診などスキルも習得していきます。

その後、全国共通の共用試験を受験し、合格後は臨床実習がいよいよスタート。

臨床実習は2年間以上の豊富な時間をかけて学び、全診療科を少人数グループで回り、実際の診療に参加し患者さんと接しながら基礎を勉強していきます。

6年生の2月には医師国家試験があり、合格することで医師免許を取得し、卒業後は初期臨床研修プログラムに参加していくことになります。

道外出身者の学生が多い

北海道大学は札幌南高校など道内の進学校出身者が多いですが、過半数以上は道外の出身生を占めているのが特徴

北海道大学医学部は進級が比較的容易なことで有名でもあり、観光地としても人気の北海道で大学生活を送りたいという学生も少なくありません。

北大キャンパスは札幌の都市部にあることも、受験生から人気の理由の1つ。

陽子線治療センターなど研究施設が豊富

北海道大学医学部では、2009年度より研究医を育成するために「MD-PhDコース」を導入。

旧帝大学だけあって、研究医の育成に力を入れている大学の1つでもあります

大学内には、陽子線治療センターや遺伝子病制御研究所などの最先端医療の施設があり、研究医を目指す医学部再受験生にとっては理想的な環境です。

医学部再受験生へのおすすめ度

医学部再受験生へのおすすめ度

旧帝大学の1つで偏差値・難易度は高い

北海道大学は東大・京大などと並ぶ旧帝国大学をルーツにもつ国立大学医学部であるため、偏差値は高いです。

したがって、医学部再受験で目指す医大としては難易度が高いと言えます。

例年、22歳以上の受験生はいますが、そこまで多くはなく、多浪生も含めると医学部再受験生は少数派となります。

医学部再受験生は医学部合格レベルまで学力を伸ばすまでに苦労するケースが多いため、トップレベルの北海道大学となると、よほど学力優秀な人しか目指すことはないでしょう。

過去22歳以上の合格者は低いので注意すること

北海道大学は旧帝大学医学部で偏差値が高いことで医学部再受験生にとっては難易度が高いと説明しました。

それと同時に、22歳以上の合格者が例年少ないので、北海道大学は医学部再受験生にとってはそこまで寛容的であると言えません。

面接試験も75点と点数は配分されていますが、点数もバラつきがあり、しっかりと合否に影響されています。

文部科学省が東京医科大学の不正入試をきっかけに全国の医学部を調査しましたが、その際に北海道大学は年齢差別や女子差別を実施していたという公表はありませんでした

したがって、純粋に学力で不合格になったケースも大いに考えられます。

北大合格レベルの学力なら他大学を目指すのも1つ

北海道大学医学部は決して医学部再受験生にとって合格が容易な大学ではありません。

どちらかと言えば、難しいと言えます。

また、北海道大学を目指せる学力のある医学部再受験生なら高度な偏差値を有しているため、他の多くの医学部が選択肢となるはず。

したがって、合格することは最優先課題である医学部再受験生にとっては、他の年齢に寛容で多く合格者を輩出している医学部を目指したほうが無難であると言えます

北海道大学医学部の基本情報

キャンパス 札幌キャンパス
住所 〒060-8638 北海道札幌市北区北15条西7丁目
学費 約350万円
男女比率 75:25(入学者割合)
医学科公式HP https://www.med.hokudai.ac.jp/sch-med/

2020年度一般入試の試験結果

2020年度一般入試の試験結果

2021年度からはセンター試験に代わって共通テストが開始されますが、大きな変更点はそこまでないのでこれまで通りの対策で良いでしょう。

北海道大学の二次試験では、理科科目で物理が必須な点に注意しましょう。

また、センター試験よりも二次試験の点数が高い二次重視の大学。

総合大学であるため、医科大学のようなクセのある出題は少なく良問揃いですが、問題量が多く試験時間ギリギリという声も多いので、過去問対策等を行いしっかりと戦略を立てることがポイントです。

前期日程の合格者数と志願者倍率

募集定員 志願者数 受験者数 合格者数 志願者倍率
97 366 347 102 3.59

前期日程の試験科目

試験科目 配点
センター試験 300点
英語 150点
数学 150点
理科(2科目選択) 150点
面接 75点
合計 825点

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.