医学部再受験の年齢差別を合格状況により解説

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

入試不正が発覚したことで医学部再受験生の年齢差別はなくなったのかを徹底検証。

医学部再受験TOP >  医学部再受験の年齢差別は本当になくなった?

医学部再受験生の年齢差別はなくなった?

医学部再受験は昔から年齢に寛容ではない大学では合格が難しいと言われています。

事実、2018年に発覚した東京医科大学の不正入試問題で、複数の医学部で年齢差別を行っていたことが明るみになりました。

そこでこの記事では、医学部再受験の年齢をテーマに、詳しく入試や大学の対応状況について解説していきます。

医学部再受験生の年齢差別はなくなった?

医学部再受験生の年齢差別はなくなった?

2018年に東京医科大学で発覚した年齢や性別に対する差別は受験業界に激震が走りました。

しかも、年齢差別を実施していたのは、東京医科大学だけに留まらず、医学部再受験生に厳しい選抜を実施している大学がその他にも複数存在してい事が明るみに。

ただし、医学部再受験生の中にはあまり驚かなかった人も少なくはありませんでした。

それだけ、医学部再受験生の間では、大学によっては年齢に寛容ではなく、年齢だけで合格のハードルが上がると言われてきたからです

文部科学省が全国の医学部を調査し、問題があった大学には是正勧告等を行ったことで、2019年度の医学部入試は女子受験生や比較的高年齢の合格者が増えました。

つまり、医学部入試も医学部再受験生に関係なく、学力や医師となる人物的に問題がなければ年齢を理由に不合格になることも少なくなったと言えます。

では、本当に30代40代でも医学部合格を実現できるのでしょうか。

更に詳しく、医学部入試での年齢にフォーカスを当てて確認していきましょう。

年齢別入学者から見る医学部再受験の寛容度

年齢別入学者から見る医学部再受験の寛容度

2019年度以降は年齢差別をせずに公平な医学部入試を行う大学が増えたと言われています。

実は医学部入試の結果、どんな年齢層が合格したかどうかは、独立行政法人大学改革支援機構・学位授与機構が「年齢別入学者数」として公表しています。

そこで、今回は医学部のある国公立大学のこの年齢別入学者状況をもとに確認していきましょう。

なお、お示しするデータは2021年度最新入試の入学者結果から得られたものです。

4浪以上(22歳以上)の入学者がゼロの大学

  • 北海道大学
  • 山形大学
  • 東京大学
  • 東京医科歯科大学
  • 京都大学
  • 鳥取大学
  • 佐賀大学

上記大学は医学部再受験に比較的寛容でない大学としてもともと知られている大学でもあります。

とはいえ、医学部受験においては4浪以上の22歳以上という年齢はあまり珍しいものではなく、医学部再受験生への肝要度をして捉えるより単純に、年齢に対しての壁のある大学という印象に留まるでしょう。

もともとこれらの大学は医学部再受験生には寛容ではないことで評判だったため、22歳以上の受験生が敬遠した可能性も否定できません

4浪以上の入学者数が10人以上の大学

今度は、逆に4浪以上を多く合格させた大学を見てみましょう。

大学名 4浪以上の人数
三重大学 15
滋賀医科大学 17
島根大学 22
広島大学 10
香川大学 18
熊本大学 15
宮崎大学 10

いずれの大学も、毎年医学部再受験生が一定数いる人気の大学です。

30歳以上の入学者がいる大学

大学 30歳~34歳 35歳~39歳 40歳~44歳 45歳~49歳 50歳以上
旭川医科大学 1
弘前大学 1
山形大学 1
富山大学 1
福井大学 3
新潟大学 1
信州大学 2
岐阜大学 2 1
名古屋大学 1
三重大学 2 3
滋賀医科大学 2 2 1
神戸大学 1
鳥取大学 1
島根大学 1 3 1
広島大学 3 1 1
香川大学 1
熊本大学 5
宮崎大学 1
琉球大学 1
福島県立医科大学 1
横浜市立大学 1
奈良県立医科大学 1 1
和歌山県立医科大学 1
合計 26 19 2 1 1

2021年度入試の結果を見ると、例年よりも30代以上の合格者数は少なかった年のようです。

ただし、名前を連ねている大学はいずれも医学部再受験生の年齢に対して寛容である大学として有名な大学ばかり。

また、この年は和歌山県立医科大学で50代の合格者が出るなど、嬉しい結果も生まれています

当然、年齢が高い層ほど受験人口も少ないために、一概に年齢という因子だけでこの合格者数を分析することは難しいですが、それでも結果として合格者数が少ないのは事実

医学部再受験生は40代までが最終チャンスと考えるのが一般的です。

30代以上でも医学部合格は可能なのか

30代以上でも医学部合格は可能なのか

よく30歳以上でも医学部再受験で合格できるか不安になる方がいますが、上記の表を見ても分かる通り、50名以上の合格者が誕生しています。

過去を振り返ると、直近では、2019年度の医学部入試において、45歳以上~49歳までの入学者を輩出している大学が3つも存在。

また、滋賀県立医科大学や熊本大学は昔から医学部再受験生に寛容的であり、毎年度多くの入学者がいます。

つまり、30代以上でも医学部再受験で合格することは可能だということです

ただし、40代の合格者は大きく減ってしまうので、もともと40代の医学部再受験生が少ない可能性もありますが、30代のうちに勉強を始めて合格してしまうことがおすすめとなります。

なお、結果として30代以上の医学部再受験生が実際に合格している大学はいくつか限られています。

もしも医学部再受験で合格を目指すのであれば、これらの実際に合格者がいる大学を受験するのが必須と言えるでしょう。

一番の問題は学力を習得できるかどうか

医学部再受験生が抱える一番の問題は、学力を合格レベルまで伸ばすことができるかどうかに尽きると思います。

多くの医学部再受験生は途中で挫折してしまい、試験本番まで迎えることができない人も多数。

また、医学部再受験で合格する人は、東大や他学部旧帝大出身などもともと頭が良い場合も多いです。

それ以外の医学部再受験生で合格を勝ち取るためには努力して勉強する他ありません。

再受験生の合格者が多い大学を目指すのがおすすめ

入試不正が発覚後、2019年度以降は年齢差別を行う大学は確実に減少してきていると感じます。

それでも、前例の少ない大学を目指すよりも、多くの医学部再受験生が合格している実績豊富な大学を目指す方が合格できる確率は高いと言えるでしょう

滋賀医科大学や熊本大学、島根大学は医学部再受験生の合格実績が豊富で、2019年度も比較的年齢の高い合格者を多数輩出していることから、年齢が気になる方にとっておすすめです。

敬遠しがちな私立大学もおすすめ

敬遠しがちな私立大学もおすすめ

ここまで、主に国公立大学にフォーカスを当てて医学部再受験や年齢に対して触れていきました。

実際のところ、医学部再受験生の多くは、経済的に学費が高額な私立大学の受験を敬遠しがち。

受験校の設定の段階で、私立大学をそもそも全く考慮していないという人も珍しくありません。

しかし、その選択はかなりタブー

実は、私立医学部の中にも、学費をかなり抑えながら、場合によっては国公立大学にかなり近い学費で抑えられるところもあるのです。

まずは、私立大学の中でも年齢に関して「かなり寛容」とみなされている大学をご紹介します。

年齢に「かなり寛容」な私立大学一覧

  • 東北医科薬科大学
  • 国際医療福祉大学
  • 日本医科大学
  • 大阪医科大学
  • 関西医科大学
  • 近畿大学
  • 久留米大学
  • 産業医科大学

上記の大学は、毎年複数名のアラサー以上の合格者を出している大学です。

これらの大学の中でも、特に太字の3大学については、学費の面でもかなり魅力的な大学。

東北医科薬科大学、国際医療福祉大学は、難易度としては決して簡単ではありませんが、学力さえ満たして合格することができれば、学費ランキングなどに掲載されているような公式の学費のおよそ半額もしくはそれ以上の学費になります。

また、産業医科大学は将来の制限こそあるものの、授業料は基本的に公式掲示学の半額になる大学。

いずれも、調べなければわからない「半額以上」という事実。

私立医学部は高いから無理。と初めから決めつけるのではなく、もしかしたら行けるのではないかという希望を持って少し調べてみることを強くお勧めします。

医学部再受験生も専門予備校の利用を

医学部再受験生も専門予備校の利用を

医学部再受験生はお金をかけずに勉強する方法を模索する人が多いですが、合格を勝ち取ってる人は専門予備校を利用して徹底的に勉強している人も多いです。

もちろん、独学でも医学部再受験を成功している人もいます。

しかし、独学だとやはり勉強は非効率になりがちで、合格まで複数年かかったり、最終的に失敗で終わってしまうことも珍しくありません

医学部予備校は、あなたの日々の学習状況を厳格に管理し、授業以外でのサポート体制も万全。

1日12時間勉強は普通で、圧倒的な学習量と質の高い勉強により、短期間で大きく学力を伸ばすことが可能です

年齢的に不利でも、それを上回る圧倒的な学力があれば合格することもできます。

専門予備校を利用することを全く検討していなかった医学部再受験生はぜひこの機会に資料請求や体験授業で確認してみて下さい。

まとめ

以上のように、2019年度からは年齢差別が減っている印象があり、医学部再受験生にとっては公正な選抜をしてくれるため合格できるチャンスは増えました。

しかし、記憶力や体力といった年齢以外のハードルも高く、なかなか医学部再受験生がごうかくを勝ち取ることは困難です

医学部再受験生が合格を目指すのであれば、専門予備校でしっかりと対策を行うのが一番。

医学部予備校なら年齢や再受験生に関係なく、合格できる大学を知っています。

推薦枠増加に伴う一般枠の定員削減など医学部入試も変わりつつあるので、手厚いサポートが受けられる予備校を見つけ出し、1年でも早く合格することが重要です。

医学部予備校の口コミ・体験談を大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.