医学部再受験に不合格だった場合の末路

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

難関入試として有名なため医学再受験は失敗してしまう人は多くその後の末路は厳しくなりがち。

医学部再受験TOP >  医学部再受験に不合格だった場合の末路

医学部再受験に不合格だった場合の末路

医学部再受験は厳しく失敗する人のほうが多いです。

何年も勉強に費やし不合格だった場合は、その後の末路が悲惨だというコメントは目にしたことがある人も沢山いるでしょう。

悲惨な末路にならないためにも、医学部再受験を始める場合に知っておきたい情報や決めておきたいルールがあります。

本気で医学部再受験を目指す人ほど、目指したこと自体を後悔しないようにその後の選択肢を整理しておくことをおすすめします。

やはり社会人には厳しい?医学部再受験

医学部受験は2浪、3浪は当たり前と言われています。

しかし、東京医科大学をはじめとする不正入試で明らかになりましたが、現役生や1浪生には加点を与えていたなど、現役生や浪人生でも1年までの受験生が好まれる大学も増えている印象です。

また、面接試験は2020年入試で九州大学が導入して全ての医学部で実施されるようになりした。

経歴がちゃんとある医学部再受験生の場合は逆にアピールできますが、ニートやフリーターで医学部再受験を目指す場合は面接で指摘される可能性は大いに考えられます。

ただし、医学部再受験の最大の難しさはやはり合格できる学力まで伸ばすこと

受験勉強から遠ざかっていた医学部再受験生は、学力を伸ばすことが一番ハードルが高く、挫折してしまう大きな原因となっています。

勉強のやり方やアウトプットの方法など、いきなり勘が戻ってくるのは天才型と呼ばれる少数派です。

医学部再受験生の合格者数がやはり全体的に見ても少ないのは厳しいという証拠の表れと言えます。

推薦入試やAO入試の増員による現役受験生に有利

近年の医学部入試では、一般の定員策を削減して、その分を推薦やAO入試の定員に振り当てている大学も増加しています。

高校生などの現役生や浪人生でも1浪や2浪までなら受験資格があるので問題ありませんが、多浪生や医学部再受験生の場合はそもそも出願できません

したがって、医学部再受験生の場合は減らされた一般枠で合格を目指すことになるので、それだけもハードルが高くなりつつあります。

医学部再受験に不合格だった場合の末路は悲惨?

医学部再受験生の場合、年齢も20台後半から30台も珍しくなく、このまま合格できなかった場合の末路は厳しいとしか言いようがありません。

医学部再受験の場合は、仕事を辞めたり、就職せずに何年も勉強に専念している人も多いので、いざ不合格を機に就職活動をしても希望通りの仕事に就ける人はほんの一握りと言えるでしょう。

最近はコロナ不況もあり、新卒採用中止など就職市場は非常に厳しくなってきています

看護師や薬剤師など医療系の専門職から医学部再受験を目指す人も多いですが、この場合は不合格だったとしても再就職できる可能性は高いです。

他にも弁護士や公認会計士など専門の国家資格を持っている人は、やはり多少のブランクがあっても就職浪人になる可能性は低いと言えます。

また、外資系や大手企業で特殊な経験や大きな成果をあげていた人も、待遇や企業の規模は落ちるとしても転職活動でいずれかの会社には就職できる可能性があります。

ただし、受験勉強の期間が長期化するほど、やはり経験やスキルは劣ってくるため、再就職の難易度は上がるでしょう。

医学部再受験を始める場合は、合格できない受験生のほうが多い試験なので、失敗した場合の末路も見据えて人生設計することが非常に重要です。

医学部再受験に失敗して、ニートになったり、パートや派遣社員しか就職先がないとうケースも十分考えられます。

悲惨な末路にならないためのおすすめポイント

誰でも医学部再受験を決意した時期は、モチベーションも高く合格できる前提で始めているため、怖いのも知らずのケースが多いです。

しかし、実際は甘くはなく、多くの医学部再受験生が挫折や不合格で厳しい末路に陥ってしまいます。

2chやブログなどでも不合格できない医学部再受験生のトピックがありますが、「人生終わった」「地獄」などネガティブなコメントばかり。

そんな悲惨な末路にならないよう医学部再受験を始める前に実施しておきたいルールを紹介します。

医学部再受験は厳しい年ってもなお挑戦する覚悟がある方は、下記のポイントは参考にすることをおすすめします。

受験勉強期間を決定する

まず、ダラダラ勉強しても受かるものではありません。

勉強していればいつかは合格できる試験に医学部受験は当てはまらないと思います。

年齢を重ね、不合格だった場合の末路が悲惨になるだけです。

したがって、医学部再受験を始める場合は、最初に2年または3年と期限を決めましょう

期限を決めて追い込んだ方が頑張れるし、モチベーションがあるうちに努力したほうが成功率は高まります。

独身・既婚関係なく社会人は両立から始める

既婚者の場合、専業主婦はあまり該当しませんが、働いている人はまずは仕事をしながらの医学部再受験から始めてみると良いでしょう。

自分がどこまで受験勉強を頑張れるかは未知数です。

いきなり、仕事を辞めて医学部再受験に挑むのはリスクが高過ぎるので、手ごたえを感じるまでは両立をおすすめします。

大学生はなるべく早く始める

現役時代に医学部合格が実現できずに違う大学に在籍して仮面浪人をしながら医学部再受験を目指そうか悩んでいる人がいます。

この場合、1日でも早く始めましょう。

現役合格後すぐに大学へ進学した1年生や2年生の場合は、医学部のAO入試や推薦入試に挑戦できる可能性があり、選択肢を広げることができます

受験勉強の勘もまだ残っているでしょう。

ただし、大学は休学にしておき、卒業できる選択肢は残しておきながら、医学部再受験に集中できる環境は用意しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

医学部再受験の闇は深く、不合格で終わった場合の末路は厳しい選択肢が待ち受けています。

しかし、それでも医学部再受験で合格できれば、高い地位や報酬だけでなく、他の仕事にはない遣り甲斐に魅力を感じる人が多いのでしょう。

それでも、医学部再受験は厳しいと言わざるを得ないので、末路が悲惨にならないよう「class="red">諦める」決意も時には重要になります。

医学部再受験を目指したい人は、頑張る期間を事前に決めて、あとは結果に関係なく相当の覚悟と努力で受験対策を行うことです。

厳しいですが、断固とした覚悟ができない場合は、悲惨な末路が待っていると言えるでしょう。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.