医学部医学科ランキングまとめ

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

国公立および私立大学の医学部医学科は偏差値から学費、倍率、国家試験合格率など様々なテーマでランキング化。

医学部再受験TOP >  医学部医学科ランキングまとめ

医学部医学科ランキングまとめ【2021年】

日本には都道府県各地に医学部が設置されており、国公立50大学、私立31大学、そして準大学1大学の合計82大学があります。

今回は全国にある医学部を様々なランキングでまとめて紹介していきます。

志望校選びに参考にある情報もあると思うので、医学部再受験生の方も参考にしてみて下さい。

医学部の偏差値・難易度ランキング【2021年度】

医学部の偏差値・難易度ランキング

国公立大学医学部【前期日程】

順位 大学名 大手平均偏差値
1 東京大学 75.8
2 京都大学 74
3 大阪大学 72
4 東京医科歯科大学 71
5 九州大学 68.8
6 千葉大学 68.3
6 名古屋大学 68.3
8 東北大学 67.8
8 神戸大学 67.8
10 北海道大学 67.3
10 横浜市立大学 67.3
10 奈良県立医科大学 67.3
13 京都府立医科大学 66.5
13 大阪市立大学 66.5
13 広島大学 66.5
16 岐阜大学 66.3
17 金沢大学 66
17 岡山大学 66
19 筑波大学 65.5
19 名古屋市立大学 65.5
21 新潟大学 65
21 和歌山県立医科大学 65
21 長崎大学 65
21 熊本大学 65
25 宮崎大学 64.8
26 群馬大学 64.5
26 信州大学 64.5
26 滋賀医科大学 64.5
26 浜松医科大学 64.5
26 山口大学 64.5
31 福井大学 64
31 大分大学 64
31 鹿児島大学 64
34 三重大学 63.8
35 愛媛大学 63.5
36 富山大学 63.3
37 旭川医科大学 63
37 弘前大学 63
37 秋田大学 63
37 島根大学 63
37 佐賀大学 63
37 琉球大学 63
43 札幌医科大学 62.8
43 香川大学 62.8
43 高知大学 62.8
46 鳥取大学 62.3
47 山形大学 61.8
47 福島県立医科大学 61.8
49 徳島大学 61

国公立大学医学部の場合は旧帝大や旧医科大など歴史ある医学部は序列が高く、偏差値も高くなる傾向があります。

ランキングを見ても分かるように旧帝大医学部が上位を独占している状態です。

序列が上だと研究力や実績の豊富さだけでなく、関連病院や出身教授の数が多くことから、医療界への影響力が高いことも特徴です。

しかし、マッチング制度がスタートし、医局制度の影響力が薄まりつつあることから、最近は都市部にキャンパスをもつ医学部の人気が高まっています。

私立大学医学部【一般入試】

順位 大学名 大手平均偏差値
1 慶應義塾大学 73.3
2 東京慈恵会医科大学 68.5
3 順天堂大学 68
4 日本医科大学 67.5
5 防衛医科大学校 66.8
6 大阪医科薬科大学 65.8
7 自治医科大学 65.3
7 昭和大学 65.3
9 産業医科大学 65
10 関西医科大学 64.8
11 東邦大学 63.8
12 国際医療福祉大学 63.5
13 日本大学 63.3
14 東京医科大学 62.8
15 近畿大学 62.5
16 愛知医科大学 62
17 東北医科薬科大学 61.5
17 杏林大学 61.5
17 東京女子医科大学 61.5
17 藤田医科大学 61.5
17 久留米大学 61.5
22 北里大学 61
22 帝京大学 61
22 東海大学 61
22 聖マリアンナ医科大学 61
26 兵庫医科大学 60.8
27 福岡大学 60.5
28 岩手医科大学 60
28 金沢医科大学 60
30 獨協医科大学 58.8
30 埼玉医科大学 58.8
32 川崎医科大学 56

私立大学医学部はランキングを見ても分かるように学費の安い大学ほど偏差値が高く合格が難しい傾向にあります。

国際医療福祉大学は学費が私立最安値であるため、日本で最も新しい医学部にもかかわらず、難易度は中堅レベルと健闘しています。

私立大学医学部の学費ランキング【2021年度】

私立大学医学部の学費ランキング【2021年度】
順位 大学名 学費(万円)
1 国際医療福祉大学 1850
2 順天堂大学 2080
3 日本医科大学 2200
4 慶応義塾大学 2204
5 東京慈恵会医科大学 2250
6 自治医科大学 2300
7 東邦大学 2580
8 昭和大学 2700
9 関西医科大学 2770
10 東京医科大学 2940
11 藤田医科大学 2980
12 産業医科大学 3049
13 大阪医科薬科大学 3141
14 日本大学 3310
15 岩手医科大学 3400
15 東北医科薬科大学 3400
17 愛知医科大学 3420
18 聖マリアンナ医科大学 3440
19 東海大学 3500
20 近畿大学 3582
21 久留米大学 3620
22 獨協医科大学 3660
23 兵庫医科大学 3700
23 埼玉医科大学 3700
23 杏林大学 3700
26 福岡大学 3760
27 北里大学 3890
28 帝京大学 3938
29 金沢医科大学 3950
30 川崎医科大学 4550
31 東京女子医科大学※3 4621

私立大学医学部は学費の高いイメージですが、1位の国際医療福祉大学は1850万円と、年間300万円の学費ならサラリーマン家庭でも目指せる人が出てくる金額です。

なお、国際医療福祉大学は医学部再受験生にも寛容的だと評判で、22歳以上でも合格が目指せます。

いっぽう、学費の最も高い大学は東京女子医科大学で、川崎医科大学と並び4000万円を超える金額となっています。

非常に高額な学費なので、目指せる受験生は限られており、その分学費の高い医学部は競争倍率が下がり穴場となりやすいです。

志願者倍率ランキング【2021年度】

志願者倍率ランキング

国公立大学医学部(前期日程)

順位 大学 募集人員 志願者 倍率
1 愛媛大学 55 531 9.7
2 岐阜大学 37 357 9.6
3 旭川医科大学 40 279 7
3 奈良県立医科大学 22 153 7
5 島根大学 55 363 6.6
6 福島県立医科大学 50 310 6.2
6 鳥取大学 58 358 6.2
8 宮崎大学 50 296 5.9
9 山口大学 55 306 5.6
9 長崎大学 76 422 5.6
11 広島大学 90 495 5.5
12 三重大学 75 401 5.3
13 信州大学 95 476 5
14 高知大学 60 294 4.9
15 香川大学 79 382 4.8
15 佐賀大学 50 242 4.8
17 浜松医科大学 64 292 4.6
18 琉球大学 70 314 4.5
19 秋田大学 55 244 4.4
20 千葉大学 82 331 4
20 東京大学 97 385 4
20 東京医科歯科大学 79 316 4
23 新潟大学 80 307 3.8
23 金沢大学 84 320 3.8
23 名古屋大学 90 345 3.8
26 横浜市立大学 70 260 3.7
26 札幌医科大学 75 274 3.7
26 岡山大学 98 359 3.7
26 熊本大学 90 332 3.7
30 筑波大学 44 158 3.6
30 富山大学 60 214 3.6
30 滋賀医科大学 55 197 3.6
30 鹿児島大学 69 249 3.6
34 福井大学 55 193 3.5
34 名古屋市立大学 60 208 3.5
36 弘前大学 50 168 3.4
37 北海道大学 101 338 3.3
37 山形大学 65 214 3.3
37 徳島大学 64 212 3.3
40 東北大学 77 243 3.2
41 京都大学 102 299 2.9
41 和歌山県立医科大学 64 187 2.9
43 京都府立医科大学 100 277 2.8
43 大阪市立大学 80 225 2.8
43 神戸大学 92 261 2.8
46 大分大学 65 178 2.7
47 群馬大学 65 164 2.5
47 大阪大学 95 233 2.5
47 九州大学 110 276 2.5

志願者倍率は年度によって大きく異なるため、注意しましょう。

特に去年倍率が高い医学部は受験生敬遠するため、今年は倍率が下がることがあります。

また、逆のケースもよくあります。

したがって、医学部の倍率ランキングはあくまで目安として参考にする程度で良いでしょう。

合格できる偏差値・学力があれば、倍率が多少高くてもその医学部に合格できる可能性は高くなります。

医師国家試験合格率ランキング【2021年度】

医師国家試験合格率ランキング
順位 大学 区分 受験者 合格者 合格率
1 自治医科大学 私立 115 115 100.00%
2 東京医科歯科大学 国公立 103 102 99.00%
3 秋田大学 国公立 131 128 97.70%
4 防衛医科大学校 準大学 80 78 97.50%
5 筑波大学 国公立 142 138 97.20%
6 名古屋市立大学 国公立 105 102 97.10%
7 信州大学 国公立 126 122 96.80%
8 浜松医科大学 国公立 120 116 96.70%
9 産業医科大学 私立 88 85 96.60%
10 藤田医科大学 私立 111 107 96.40%
11 東北大学 国公立 131 126 96.20%
12 順天堂大学 私立 130 125 96.20%
13 岐阜大学 国公立 100 96 96.00%
14 名古屋大学 国公立 123 118 95.90%
14 北里大学 私立 121 116 95.90%
16 聖マリアンナ医科大学 私立 120 115 95.80%
17 慶應義塾大学 私立 115 110 95.70%
18 富山大学 国公立 112 107 95.50%
18 琉球大学 国公立 133 127 95.50%
20 東京慈恵会医科大学 私立 124 118 95.20%
21 東京医科大学 私立 123 117 95.10%
22 北海道大学 国公立 121 115 95.00%
23 横浜市立大学 国公立 99 94 94.90%
24 千葉大学 国公立 134 127 94.80%
25 佐賀大学 国公立 114 108 94.70%
26 埼玉医科大学 私立 129 122 94.60%
27 札幌医科大学 国公立 109 103 94.50%
27 日本医科大学 私立 127 120 94.50%
29 宮崎大学 国公立 124 117 94.40%
29 獨協医科大学 私立 125 118 94.40%
31 香川大学 国公立 106 100 94.30%
31 愛知医科大学 私立 122 115 94.30%
33 和歌山県立医科大学 国公立 99 93 93.90%
34 徳島大学 国公立 113 106 93.80%
34 昭和大学 私立 130 122 93.80%
36 神戸大学 国公立 126 118 93.70%
36 山口大学 国公立 126 118 93.70%
38 杏林大学 私立 125 117 93.60%
38 東邦大学 私立 125 117 93.60%
40 京都府立医科大学 国公立 105 98 93.30%
40 兵庫医科大学 私立 104 97 93.30%
42 岡山大学 国公立 123 114 92.70%
43 福井大学 国公立 122 113 92.60%
43 熊本大学 国公立 135 125 92.60%
45 鹿児島大学 国公立 120 111 92.50%
45 大阪市立大学 国公立 107 99 92.50%
47 長崎大学 国公立 125 115 92.00%
48 金沢大学 国公立 119 109 91.60%
49 大分大学 国公立 130 119 91.50%
49 福島県立医科大学 国公立 130 119 91.50%
51 三重大学 国公立 137 125 91.20%
52 弘前大学 国公立 123 112 91.10%
52 東京大学 国公立 123 112 91.10%
54 山梨大学 国公立 140 127 90.70%
54 大阪大学 国公立 118 107 90.70%
56 東京女子医科大学 私立 117 106 90.60%
57 高知大学 国公立 135 122 90.40%
58 群馬大学 国公立 142 128 90.10%
58 滋賀医科大学 国公立 131 118 90.10%
58 愛媛大学 国公立 121 109 90.10%
61 京都大学 国公立 117 105 89.70%
61 奈良県立医科大学 国公立 117 105 89.70%
63 旭川医科大学 国公立 115 103 89.60%
63 岩手医科大学 私立 154 138 89.60%
65 山形大学 国公立 140 125 89.30%
66 島根大学 国公立 120 107 89.20%
67 関西医科大学 私立 116 103 88.80%
68 福岡大学 私立 118 104 88.10%
69 新潟大学 国公立 139 122 87.80%
70 九州大学 国公立 113 99 87.60%
70 東海大学 私立 121 106 87.60%
72 近畿大学 私立 126 110 87.30%
73 日本大学 私立 144 125 86.80%
74 広島大学 国公立 131 113 86.30%
75 川崎医科大学 私立 113 97 85.80%
76 大阪医科大学 私立 118 101 85.60%
77 鳥取大学 国公立 118 99 83.90%
78 金沢医科大学 私立 129 106 82.20%
79 帝京大学 私立 140 112 80.00%
80 久留米大学 私立 135 105 77.80%

2021年度に実施された115回医師国家試験では、合格率91.4%でした。

自治医科大学がここ最近はずっと100%を達成しており、新卒合格率だけなら東京医科歯科大学や筑波大学並びに信州大学も達成しています。

医師として医療の世界で活躍するためには医師免許は必須であり、合格率が高い医学部に進学するほうが確実性は高ります。

ただし、偏差値が低いのに医師国家試験の合格率が高い医学部は要注意。

医師国家試験の合格率を高く維持するために進級判定を厳しくしている医学部もあり、多くの留年者が生じている大学もあるからです。

合格率ランキングを確認する際は、進級しやすさも頭に入れて確認することをおすすめします。

まとめ

今回は医学部を偏差値、学費、倍率、国師合格率ごとにランキングで紹介しました。

ランキングを参考にして受験する医学部を選んでみてはいかがでしょうか。

ただし、医学部再受験生にとっては、年齢的な問題もあると思うので、難易度や学費よりも合格者が多い大学を目指すのが近道です。

医学部予備校の口コミ・体験談を大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.