新潟大学医学部

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

新潟大学医学部は、年齢的に寛容で再受験生にも人気の高い旧六医科大をルーツにもつ国立大学です。

医学部再受験TOP >  新潟大学医学部

新潟大学医学部再受験情報

新潟大学

国内で6番目の医学部である新潟大学は、歴史と伝統ある国立大学医学部として医療業界へ活躍する医師を多数輩出。

そんな新潟大学は医学部再受験生の多くが入学を目指す大学の1つ。

年齢がハードルになりがちな医学部再受験生が新潟大学合格を目指すのはなぜなのか。

今回は、新潟大学の特色や学生生活を紹介しながら、医学部再受験生が集まる理由や直近の入試結果など解説していきます。

医学部再受験生で国立大学志望者は参考にしてみて下さい。

新潟大学医学部医学科

新潟大学医学部医学科の6年間

新潟大学医学部医学科では、専門的な医療知識を持ちながら豊かな人間性と高い倫理観をもった全人的医療に貢献できる人材育成を行っています。

1年生は、教養科目の履修と並行して医学早期体験実習や医学入門を勉強して医学への動機付けを中心に学んでいきます。

2年生からは本格的な専門科目の勉強がスタートし、まずは基礎医学を中心に勉強しながら「からだ」について様々な視点から学んでいきます。

3年生からは、基礎医学の中の病医系の科目が中心となり、病気のメカニズムを勉強がスタート。

また、後期からは4年生前期にかけて臓器別統合コースが始まり、これまで勉強した知識を活かして臓器別に病気について構造と機能を確認しながら学びます。

4年生からは臨床実習入門が始まり、OSCEおよびCBTの共通試験に合格後、いよいよ臨床実習が始まり、実際の医療機関で実践力を磨いてきます。

臨床実習は5年生にかけて実施され、大学病院の各科を10名前後のグループに分かれ順番に回り、5年後期から6年生にかけてチーム医療の一員として診療に参加する診療参加型臨床実習が開始。

大学病院や関連病院で合計24週にわたり、臨床経験を積んでいきます。

新潟大学では海外交流も盛んでロシアを始め、アメリカやイギリスでの臨床実習に参加することも可能です。

新潟大学医学部の基本情報

キャンパス 旭町キャンパス
住所 〒951-8510 新潟県新潟市中央区旭町通一番町757
偏差値 65(駿台)
学費 約350万円
男女比率 71対21
医学科公式HP https://www.med.niigata-u.ac.jp/

年齢に寛容で医学部再受験生におすすめの国立

年齢に寛容で医学部再受験生におすすめの国立

医学部再受験生は私立ではなく学費が安い国公立大学を志望していることが多いですが、その点で新潟大学医学部再受験生におすすめの1つと言えるでしょう。

年齢には寛容的な姿勢であると言われており、医学部再受験生の中には40代の合格者がいる年もあります。

関東圏からのアクセスも良いため、東京の医学部再受験生にも人気があり、特に二次試験重視になってからは共通テストに失敗した受験生と競争するため入試はハイレベルになりがち。

新潟大学は医学部再受験生をはじめ年齢に寛容的ですが、ある程度の高い偏差値が必要になります。

旧医科大学の1つで偏差値は高め

新潟大学医学部は、旧帝大に次ぐ旧医科大学に該当する歴史ある国立大学医学部であるため、地方国立大学の中では偏差値は高いほうです。

北陸地方には同じく旧医科大学をルーツにもつ金沢大学がありますが、こちらも医学部再受験生に人気があります。

両大学とも旧医科大学で歴史と実績は十分で偏差値もそれほど大差はありませんが、金沢大学は新潟大学よりも二次試験の比重が大きいので、共通テスト(旧センター)で失敗した医学部再受験生は金沢大学のほうが二次で挽回のチャンスがあります。

いっぽう、共通テストの出来が良かった場合は、新潟大学のほうが点数は伸びるでしょう。

国立大学を医学部再受験で志望するなら、新潟大学は志望校の1つとして検討してみると良いでしょう。

直近の医学部再受験生合格状況

新潟医学部医学科の年齢別入学者の内訳の直近のデータは下記の通りです。

医学部再受験生が多い22歳以上の合格者を確認してみましょう。

2020年度は35歳以上の合格者が1名、2019年度は30歳以上の合格者が3名と、先にも述べた通り医学部再受験生でも合格が目指せます

年度 性別 18歳 19歳 20歳 21歳 22~29歳 30~34歳 35~39歳
2020 男性 42 27 15 3 4 0 1
女性 17 9 3 1 0 0 0
2019 男性 37 28 11 4 7 2 0
女性 20 8 3 0 1 1 0

※【参考】独立行政法人大学改革支援・学位授与機構

医学部再受験必見!新潟大学の勉強法

医学部再受験必見!新潟大学の勉強法

それでは次に、医学部再受験生に向けて新潟大学医学部医学科の入試を攻略し、見事入学するための各科目の勉強方法について解説していきます。

なお、受験問題の傾向は変更される場合がありますので、受験要項を熟読し、過去問を分析するということを念入りに行うことを推奨します。

英語

新潟大学医学部医学科の英語は、長文問題と英作文問題がメインとなっています。

従って、この2つの分野を主に対策することが重要です。

●英語長文問題対策

英語の長文対策としては、とにかく速読力を鍛えていかに問題を解くことに時間を避けるかということが最も重要となってきます。

そこで、速読のコツを下記にまとめるので、参考にしてください。

①先に問題に目を通して、何に気をつけて文章を読むべきかを頭に入れる

どんな問題が出るかがわかっていれば、精読する必要がないところを飛ばすことができるので、時間の短縮になります。

②英語の語順のまま理解する

長文では完全にきれいな日本語に訳す必要がないので、英文をそのまま前から訳していくということを意識します。

こうすることで、無駄な時間を大幅に削除することができます。

③パラグラフごとに細かいテーマを理解して、一言でまとめてメモしておく

パラグラフのテーマを理解するだけでなく、起承転結であったり対立構造を明らかにして文章全体の構造を理解することで長文の概要を簡単に掴むことができます。

以上の点に注意しつつ、演習を重ねていきましょう。

●英作文問題

英作文問題では、自信のない文法や単語を使わずに自分の述べたいことを表現することが重要です。

従って、自分が自信を持って使用することのできるフレーズを増やすことが方針となってきます。

「鉄壁」のような網羅的な単語帳であったり、「Next Stage」といった熟語帳を駆使して自分の中の語彙を増やすことに注力しましょう。

数学

新潟大学医学部医学科の数学は、比較的レベルの高い問題が出題されます。

しかし、だからといって最初から難易度の高い問題集に取り組んでしまっても力は付きません。

おすすめとしては

  • 教科書を読んで、定義をしっかり確認しつつ、定理などの証明は抜かりなく行うことができるようにしておく
  • 「青チャート」のような平均的レベルかつ網羅的な問題集で、基礎力を磨く
  • 「上級問題精講」のような難易度の高い問題集で、難しい問題への対応力を磨く
  • 新潟大学の過去問を解いて、傾向を分析しつつ苦手な分野を潰していく

といった順番で段階的にステップアップさせていく方法です。

この順番で行えば、途中で躓くこともあまりなくしっかり力をつけることもできます。

使用する問題集としては、上述したものはあくまで例ですから自分の持っている問題集で代用することも可能です。

物理

物理は、レベルとしては平均的な問題が多いように見受けられます。

物理で重要となってくるのは、問題演習をがむしゃらにこなしてすべてのタイプの問題を経験しておくということよりも、現象であったり原理を理解して、自分で位置から説明できるレベルまで持っていくということです。

物理現象を根底からしっかりと理解することができれさえいれば、所見の問題に出会ったとしても、自ずとどんな方針で解答を進めていけばよいのかということが見えてきます。

また、物理は誘導形式の問題が多いため、うまくその誘導に乗っかる練習というのも必要です。演習量が全てではありませんが、受験のいわば形式に乗っかるということは重要となってきます

問題製作者の意図を汲み取って解答を進める練習をしていきましょう。

化学

受験化学は物理とは異なり、演習量が非常に重要な科目となってきます。

演習と言っても、暗記メインの演習と計算メインの演習の二通りに別れます。

①暗記

化学の知識問題は、知らなければ絶対に回答することができません。

従って、たくさんの問題に出会って自分の中の知識を蓄えるために演習をこなすことが重要です。

②計算

化学の問題で出題される計算問題は煩雑なものが多く、慣れていないと計算ミスを連発してしまうことが予想されます。

しかし、ある程度出てくる数字は決まっているので、しっかりと演習を積んでおくことで本番の計算スピードを上げ、計算ミスを減らすことができます。

2022年度一般入試の試験結果

2022年度一般入試の試験結果

最新の一般入試の結果は以下の通りとなっています。

年度 募集定員 志願者数 受験者数 合格者数
2021年度 80 307 256 84

募集定員80人に対して志願者数307人、受験者数256人ということで、志願者倍率3.8倍、実質倍率3.0倍となっていますね。

この倍率を見て、どのような感想を抱くかは人それぞれかと思いますが、一般的に見てこの倍率は国公立医学部医学科としては平均的です。

昨今の医学部人気を考えると、この倍率の高さもうなずけます。

前期日程の合格者数と志願者倍率

最新の一般入試の結果を見てきましたが、ここで2021年度を含めた過去三年分の一般入試の結果を一覧形式で見ていきましょう。

年度 募集定員 志願者数 受験者数 合格者数※ 志願者倍率
2021年度 80 307 256 84 3.8倍
2020年度 80 344 274 80 4.3倍
2019年度 85 508 291 87 6.0倍

※二段階選抜あり(4倍)
※追加合格者1名あり(入学辞退者1名ありのため)

過去の入試結果を見ると、2019年では6.0倍である一方で2021年は3.8倍と、新潟大学医学部医学科の志願者倍率は減少してきているように見えますが、実際の受験者数を見てみると実質の倍率はあまり変化していないのでその点には注意してください。

前期日程の試験科目

共通テスト 配点
国語 100点
数学 200点
理科2科目 200点
英語 200点
社会 50点
合計 750点
二次試験科目 配点
数学 400点
英語 400点
物理 200点
化学 200点
面接
合計 1200点

入試変更点(2023年)

※最新の受験要項は必ず各大学医学部医学科ホームページより確認してください。

地域枠の定員を5名増加

地域枠の定員が5名増加となりますが、新潟大学では3浪までが受験可能。

したがって、他大学などに入学して仮面浪人で医学部再受験の勉強をしている人は受験機会があるかもしれません。

地域枠で入学した場合、月額15万円の修学資金が貸与され、卒業後に9年間指定された医療機関で医師として働いた場合は返済免除となります

3浪までに該当する医学部再受験生で学費の費用負担を抑えたい場合は地域枠の入学も1つの方法です。

また、新潟大学医学部医学科では、令和4年度から、医学科第2年次編入学(学士入学)の募集を停止されているようなので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、2022年新潟大学医学部医学科のカリキュラムや基本情報、医学部再受験生の直近の合格情報を見てきました。

新潟大学は直近のデータを見る限り、年齢にも寛容であり30歳以上の医学部再受験成功者が出でているという点で、医学部再受験生にとって非常におすすめすることができる大学となっています。

もちろん大学を選ぶ際は医学部再受験生の合格率だけではなく、過去の問題や得点率、偏差値をみて、自分の現在の実力にあっているのかどうかであっているのかを個別に確認することも重要です。

また見落としがちですが、平均進級率であったり授業内容、推薦入試の有無といったことも調べてみると良いでしょう。

医学部再受験生であれば、直感で志望校を決めてしまうということはないでしょうが、高校とは異なり大学選びはその後の自分の人生を左右するものですから、後悔しないように時間をかけて調査して自分に合った最高の大学を見つけてください。

皆さんの医学部再受験がうまくいくことを祈っております。

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.