偏差値だけじゃない医学部合格に直結した受験大学の選び方を解説

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

偏差値だけでなく、合格に直結する医学部受験大学の適切な選び方を国公立・私立に分けて解説しています。

医学部再受験TOP >  【医学部受験】志望大学は偏差値ランキングだけで決めてはいけない!?

【医学部受験】志望大学は偏差値ランキングだけで決めてはいけない!?

大学受験の中でも最難関として知られる医学部受験。

そんな医学部医学科を日本全国82大学一覧にしても受験層が異なるのが事実で、それを表す指標の一つが偏差値です。

河合塾や駿台など大手予備校を含め、ネットでも医学部医学科の偏差値ランキングはよく目にするもの。

しかし、医学部受験において「偏差値」のみで受験校を選んではいけません。

この記事では、医学部受験における偏差値について、偏差値の基本から受験大学の選び方まで徹底解説していきます。

偏差値とは

偏差値とは

まずは偏差値について、簡単に解説します。

偏差値とは、模試などの試験を受けた集団の中で自分がどれくらいの位置にいるかを表す数値です。

平均点が偏差値50となるように計算し、そこを基準にどれくらい高い点数だったかを表したもので、平均点や順位と違って相対的に学力を測ることができます。

このように数値の算出に模試などの成績が使われているため、簡単に自分の偏差値とネットの偏差値を比較することは厳密には誤りともいえます。

自分が受けたこのある模試の中での比較、自分が所属している(成績データを提供している)予備校の偏差値との比較をすることで初めて、正しく偏差値の評価が可能になるのです。

駿台と河合塾で数値が違う問題

駿台と河合塾で数値が違う問題

では実際に医学部医学科の偏差値を調べてみると、サイトや記事によって同じ大学でも数値が異なることが多々あります。

大手予備校である駿や河合塾、東進やベネッセなど一覧を見ても大きく差が見られます。(なお駿台はここ数年、偏差値データを一般公開していません)

もちろん、2020・2021・2022と見比べても年によって数値は異なります。

この違いは、「データソースの違い」と「表記する偏差値の定義の違い」によるものです。

データソースの違い

データソースとは、簡単には模試のこと。

偏差値を発表しているそれぞれの予備校は、いずれも独自の模試を定期的に行なっており、その成績と実際の合格者のデータを元に偏差値を算出しています。

全ての医学部受験生が同じ模試を受けるわけでもなく、中には医学部受験生の層が少ない模試もあり、そもそも模試自体の難易度も違います。

このようにデータの元が違うので、医学部医学科の偏差値は同じ大学でも違う数値になるのです。

表記の定義の違い

実は同じ「偏差値」と言っても、その定義は予備校などによって様々です。

河合塾 合格可能性50%
ベネッセ 合格可能性60%
駿台
(模試受験者に配布される資料)
合格可能性80%
東進 合格可能性80%

このように、主要な予備校を比較しても、それぞれで表記の定義が異なることがわかります。

駿台や東進の医学部医学科の偏差値が高く、河合塾の医学部医学科の偏差値が低く出るのも納得です。

あくまで「ボーダー」の偏差値

いずれにしても、医学部受験に限らず「偏差値」と呼ばれているものは全て、あくまでボーダーの偏差値です。

仮に同じ模試をあなたが受けていて、その偏差値を超えていても、その大学の医学部医学科に落ちる可能性は20〜50%あるとも言えるし、超えていなくても医学部医学科に受かる可能性が無いと断定できるわけでは無いのです。

そもそもボーダーの話をしているだけなので、ある程度割り切って評価するべきです。

偏差値ランキングとは

偏差値ランキングとは

ネットなどでは医学部偏差値ランキングをよく目にしますが、これらも自分に照らし合わせるには注意が必要です。

多くの偏差値ランキングや偏差値一覧は、前期試験の合格可能性を表しています。

なので、受験校を考えるときには前期と後期で別の偏差値一覧もしくはランキングを見なければいけません。

医学部医学科の偏差値の傾向は、毎年大きな変動がありません。

昔から毎年医学部医学科のトップに君臨するのが東大。その後に、国公立大学では京都・大阪・医科歯科・名古屋が、私立大学では慶応・自治医・慈恵会・順天堂などが続きます。

逆に最下位については、国公立大学も私立大学も毎年変動があり、最下位「グループ」とされる大学がいくつかあるのが現状です。

歯学部や薬学部といった同じ医療系学部とは異なり、上位と下位との偏差値の差がそこまで大きくなく、周知の通り医学部医学科は全体として偏差値の高い学部です。

医学部入試では偏差値と難易度は違う

医学部入試では偏差値と難易度は違う

実際に、医学部入試では偏差値を使った評価をよく行いますが、最終的な受験校の決定など厳密に評価する場合には簡単には決められないものです。

例えば、同じ偏差値の医学部受験生であっても、現役か浪人か、出身高校や得意分野など多くの要因を加味するため、ここを受験するべき!とおすすめする最終判断は人によって結果が変わってくるのです。

相関はあるが「ムリ」という断定はできない

偏差値を使った評価には、一定の信頼性があるのは確か。

特に、「合格可能性80%」としている駿台や東進の偏差値を安定して超えられている場合には、その医学部医学科にはかなりの確率で合格できるでしょう。

しかし、逆の場合、すなわち駿台や東進の偏差値を一度も超えたことがない受験生であっても、「ムリ」とは決していえないのです。

仮に河合塾の模試を受験していて、そこで偏差値をクリアしているとしたら、合格可能性は50〜80%にあるとも言えてしまいます。

この可能性は医学部受験では十分すぎるほど。

では合格可能性50%を切っていたら無理?かというと無理ではありません。

理由は単純。その模試やその偏差値が、本番の試験ではないから。

結局のところ、最後の最後まで努力し、試験当日に十分な結果を出すことができれば、合格できるのです。

過去問対策がとても重要

偏差値はあくまで、参考

自分の立ち位置の指標として利用し、あまり惑わされることなく、自身の勉強計画に沿って試験勉強を続けていけば大丈夫です。

特に医学部受験では、各大学の過去問の傾向と対策が命。特に私立では顕著です。また、国公立大学志望の場合は共通テストの得点率も必要に。

いずれにしても、過去問対策が重要になるため、多くの時間を割けるように計画を立てましょう。

医学部合格につながる、おすすめの受験校の選び方

医学部合格につながる、おすすめの受験校の選び方

国公立大学

共通テストで一定以上の得点率を出すためにも、特に7〜8月は共通テスト対策を徹底することがおすすめ。この時点で8割、できれば8.5割まで安定するのが理想的です。

また、医学部受験層が一定数いるような標準〜やや難レベルの模試を、春から定期的に受験することで自分の偏差値と医学部偏差値一覧を比較しながら、9〜10月ごろには5校前後の複数の候補校を絞りましょう。

11〜12月中旬ごろにはそれらの候補校の赤本を利用し、各医学部の傾向と対策を簡単に把握。

以降は共通テスト対策に集中し、いざ共通テストが終了したら、バンザイシステムなどを利用して、あらためて全国医学部一覧から志望校を決定する最終判断の材料にしましょう。

国公立大学の場合、実際の共通テストの結果が大きく合格可能性に影響するため、共通テストが終わるまで志望校は確定しないのがおすすめ

志望校をいち早く決定したら、そこから二次試験までの1ヶ月間、徹底してその大学の傾向と対策を行うことで、医学部合格はもう間近になります。

私立大学

私立大学志望であっても、国公立勢と同様、基礎の徹底が非常に重要

7〜8月は基礎〜標準レベルの参考書、共通テスト過去問などを活用して、とにかく基礎レベルの定着に努めてください。

それまでは定期的に適切な模試を受験し、自身の偏差値と医学部偏差値一覧を比較して、候補校を挑戦校・最適校・堅実校それぞれ2校以上絞っておきましょう。もちろん挑戦校が第一志望です。

なお、受験時の最終的な指標としては以下の目安が一般的です。

自身の偏差値からの目安
挑戦校 +8程度
最適校 ±3程度
堅実校 -4以下

9〜10月以降は各医学部の赤本を使って、傾向と対策よりかは私立大学一般試験レベルの応用力の定着を目指しましょう。

11〜12月ごろから、各医学部の傾向と対策を次第に意識していき、早ければ1月末から始まる本番に備えていくのがおすすめです。

地方医学部を嫌がらない

多くの医学部受験生が志望校選びの際、国公立・私立ともに地方の医学部を嫌煙しがち。

そのため、地方医学部は都会の医学部に比べてかなり合格しやすいのが現状です。

実際のところ、地方医学部でもハイレベルな医学教育を提供している大学も数多くあり、研究や臨床でも十分な実績があります。

確かに生活の質が今より劣ったり下宿など生活費がかさむといった懸念もわかりますが、果たしてそれが浪人と引き換えにするほどのものか、十分に考えるべきだと筆者は思っています。

なお、医学部再受験の場合には、一般入試以外にも編入試験という選択もあります。

また、ここ数年は海外の医学部を受験する人も増えてきており、グローバル社会の今、海外の医学部受験を検討するのもいいかもしれません。

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.