医学部再受験

医学部再受験比較ランキング

医学部再受験に関する基礎知識や再受験生に適した予備校や大学などを紹介しています。

( 更新日:2022/01/23)

医学部再受験比較ランキング

医学部再受験は、毎年多くの社会人や学生が挑戦しているいっぽうで合格を勝ち取れずに辞めていく人も多いのが現状です。

医学部再受験を成功させるには、もう一度受験勉強を始めて偏差値60以上の高い学力を身に付ける必要があります。

そのためには、適切な志望校選びと適切な学習スタイルの確立が医学部再受験生にとって短期間で合格するためには非常に重要となってきます。

当サイトでは医学部再受験についての基礎知識だけでなく、再受験におすすmな医学部予備校や年齢に寛容な大学などを紹介しているので比較検討してみてください。医学部再受験生が成功する一助になれば幸いです。

医学部再受験生増加の背景

医学部再受験生増加の背景

社会人経験を経て、医学部受験を再度目指す「医学部再受験生」の数が年々増加傾向にあります。

医学部再受験は、Wikipediaでも解説されているほど世間的に周知されています。

特にここ10年で急増しており、老若男女問わず4万人前後の医学部再受験生がいるという統計調査もあります。

大学側にとっても、社会人経験で得た知識や技術を医療分野に応用してほしいため、医学部再受験生を一定数受け入れているケースが増えています。

これは、多様なバックグラウンドを持った医学生が増えることで、研究開発・臨床の現場においてこれまでになかった考え方や刺激を与える効果期待されているからです。

景気は上向きに推移しており、以前ほど不況の影響が医学部人気を押し上げている訳ではありませんが、不安定な時代において高い社会的地位と安定した高収入が得られる医師の仕事に魅力を感じている方が増えているのは事実と言えます。

また、数十年前から指導実績のある医学部予備校もある中で、ここ数年、オンライン専門の医学部予備校やチューター指導のみを展開する医学部予備校など、新しいタイプの医学部予備校が増えていることからも、医学部再受験が増えていることが伺えます。

医学部再受験の難しさ

医学部再受験の難しさ

すでに大学で他学部を卒業された方や社会人経験のある方の中で、医学部を再受験する人の数が年々増加傾向にありますが、医学部再受験は茨の道といっても過言ではないほど成功率は低く困難を極めます。

まず、医学部受験は、一般の大学受験と比べて圧倒的に多い受験科目とそのレベルの高さにより、たとえ現役生でも一発合格は困難な世界。

ましてや医学部再受験は、現役生や浪人生よりも、勉強を基礎からやり直さなければなりません。

現役時代に比べて暗記が上手くいかなかったり、効率よく理解・定着ができなくなったと感じる人も少なくないようです。

将来への不安や、思うように成績が伸びずに合格への焦りを感じてしまうことで勉強に悪影響を及ぼしてしまうことだってあります。

したがって、途中で挫折してしまう人が多い医学部再受験生を成功させるためには、1年を通して学習をやり抜く覚悟と相当の努力が必要となってきます。

実際、医学部合格実績の高い医学部予備校であっても必ずしも毎年全ての受験生が合格できている訳でもありません。

医学部に合格できるかどうかは、どれだけ医学部予備校の手厚いサポートを受けていても結局は受験生本人がどれだけ真剣に毎日集中して勉強できるかにかかっているのです。

医学部再受験のリスク

医学部再受験の失敗リスク

医学部再受験は、「闇」という検索ワードが候補に上がるなど失敗するとその後の末路には厳しい人生が待っていると、よく2chなどの掲示板やまとめサイト、ブログ等で話題になっています。

というのは、社会人が働きながら仕事と両立して医学部再受験を成功できるほど簡単な試験ではないからです。

合格者のブログなどを見ても分かる通り、合格する医学部再受験生はニートもしくは無職の「勉強専念組」が圧倒的に多いです。

たとえ、医学部再受験に失敗しても、20代前半なら人生の軌道修正も容易ですが、30歳以上や40代となれば不合格の場合、その後の社会復帰は困難になると言っても過言ではありません。

医学部再受験の専念期間は、たとえ医学部予備校に通っていた事実があったとしても履歴書では空白期間とみなされてしまうため、なかには就職活動が上手くいかず再受験を目指したことを後悔してしまう人もいます。

したがって、医学部再受験は安易に目指すものではなく、不合格後の進路をも見据えて悲惨な結果にならないよう、挑戦することが重要となります。

成功する人ダメな人

医学部受験の成功と失敗

医学部再受験に成功する人にはやはり共通点があります。

高学歴もしくは理系は合格しやすい

まず、もともと勉強が得意で昔から優秀だった人は医学部再受験でも合格していく傾向にあり、特に旧帝大や早慶といった名門国立大学出身者が多いようです。

また、文系出身者でも合格する人はいますが、やはり理系のほうが物理や生物、化学といった理系科目でアドバンテージがあるので、初学者である文系の医学部再受験生よりも勉強にスムーズに取り組めています。

文系を選んだ人は英語が得意な人だけでなく、数学や理科科目が苦手だったという人も多いので、医学部再受験で理系科目を合格に必要な高得点まで伸ばすには相当の努力が必要です。

医学部予備校に通っている人は合格しやすい

さらに、医学部再受験で合格している人は医学部予備校に通ってちゃんとプロ講師の指導を受けている人が多いです。

よく市販の参考書を使って独学で医学部再受験を目指す人もいますが、合格できるのは「the天才」とも言える、ほんの一部の人に限られていると思った人が良いでしょう。

独学だとどうしても自己管理が甘くなりがちで計画通りに勉強が進まなかったり、質問ができずに苦手分野を作ったりしてまうため合格は遠のいてしまいます。

医学部再受験の指導実績がある医学部予備校で、プロ講師らから適切な指導と情報を得ながら勉強に取り組むことが成功への一番の近道となります。

>>医学部再受験の成功談はコチラ

短期合格を実現する医学部再受験生は私立も狙う

短期合格を実現する医学部再受験生は私立も狙う

医学部再受験生は国公立を志望する人が多い傾向にあります。

理由は6年総額の学費が350万円程度とお手頃だからです。

ただし、国公立を目指す場合、国語や社会の対策も必要なうえ、共通テスト(旧センター試験)で9割の得点率を目指す必要があるので文系科目も高得点を取れるくらい対策する必要があります。

しかし、医学部再受験生の場合は、しばらく勉強から遠ざかっていた人も多く、ただでさえ時間が無いのに文系科目の対策まで必要となると、理系科目の勉強にも支障をきたすリスクが非常に高いです。

そのため、国公立大学を狙ったとしても、どの教科も中途半端な対策しかできないので、成績も伸びずにドロップアウトしていく医学部再受験生がたくさんいます。

私立大学は試験対策に必要な科目数が少ない

いっぽう、私立大学も選択肢に入れている医学部再受験生は合格できる可能性が高いです。

なぜなら私立大学医学部なら、共通テスト対策が不要だから。

大学独自の学力試験は英語・数学・理科2科目と絞った対策ができるので、合格水準まで学力も伸ばしやすいのが私立大学の最大の特徴。

ただでさえ、勉強量が多くなる医学部再受験の場合、対策科目が減らせることは得られるメリットもその分大きくなります。

実際、医学部再受験で多くの合格実績を持つ医学部予備校でも、私立大学の受験を強く勧められており、私立大学は医学部再受験の穴場とも言えます。

学費が安い私立大学も増加傾向

医学部再受験生が私立大学の受験を敬遠する理由のほとんどは、その高額な学費です。

しかし、最近は私立大学医学部でも値下げラッシュが続き、サラリーマン世帯でも進学できる大学が増えてきています。

また、私立大学は独自の奨学金制度が充実していたり、日本学生支援機構の奨学金を借りることで、負担を抑えながら学ぶことも可能です。

したがって、医学部再受験で合格するために、私立大学医学部も志望校に含めることを強くおすすめします。

>>私立を目指すメリットを詳しく確認

気になる医学部の年齢差別

医学部再受験の年齢の壁

医学部再受験生にとって心配なのは医学部が年齢を理由に合否を選別しているのではとう点ではないでしょうか。

確かに年齢に寛容である医学部とそうでない医学部の2種類に分けられることが可能で、入試結果の合格者内訳をみると現役生や1浪生の割合が多い大学はあります。

したがって、医学部再受験生は志望校を選ぶ際に年齢に寛容な傾向にある医学部を中心に受験したほうが合格できる可能性は高まります。

ただし、去年までは年齢に寛容だった医学部が今年から急に路線変更を行うことも珍しくないため、入試制度の変更や学部長の交代など情報収集に努めておきましょう。

インターネット上でも年齢に寛容な医学部の情報を沢山入手できますが、匿名な情報であり信頼性に欠けるので、医学部予備校などプロ講師の進路指導を受けるのが一番と言えます。

医学部予備校であれば長年の医学部入試データと最新の入試情報を駆使して最適な志望校を提案してくれるので、医学部予備校に通いながら対策を行えば年齢に関してはそこまで心配する必要はありません。

それよりも、再受験生にとっては医学部に合格できる学力を身につけることが最優先事項となります。

2018年度に発覚した医学部不正入試(年齢差別)一覧

2018年には、東京医科大学の裏口入学が明るみになったことを機に次々と他大学でも不正入試を行っていたことが判明しました。

内容としては同窓生優先や女子差別、年齢差別などが実施されていたことが分かっており、該当する受験生は不利な入試をさせられていたことになります。

ここでは、医学部再受験生にも該当する年齢差別を実施していた大学について一覧でまとめてみました。

一度明るみになったことで下記の医学部が同じことを繰り返す可能性は低いですが、どんな不正が実施されていたのかの参考例として確認しておくと良いでしょう。

大学名 区分 不正内容
東京医科大学 一般入試 女子および3浪以上に対し、一律原点を実施
順天堂大学 一般入試 A方式の1次試験で成績201位以下の浪人生や女性には、合否判定で厳しい基準を設けていた
昭和大学 一般入試 調査書の評価において、現役生10点、1浪生5点の加点
岩手医科大学 一般入試 補欠合格を決める際に年齢を考慮していた
福岡大学 一般入試 調査書の評価で現役生20点、1浪生10点の加点
北里大学 一般入試 繰り上げ合格の際に男子や現役生を優先
聖マリアンナ医科大学 一般入試 調査票で性別や年齢等で一律の差を設けていた

その後:年齢に寛容になったのか?

では、不正入試が明らかになったその後の入試はどうなったのかが気になる医学部再受験生も多いことでしょう。

文部科学省では、2018年度に不正入試が発覚した上記大学を追跡調査していますので、その結果をまとめてみます。

22歳以上の受験者数と合格者数の比較
実施年度 2019年度 2018年度
大学名 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
神戸大学 19 2 10.5% 25 1 4.0%
岩手医科大学 629 42 6.7% 741 48 6.5%
順天堂大学 75 5 6.7% 80 0 0.0%
昭和大学 386 4 1.0% 364 1 0.3%
東京医科大学 148 17 11.5% 422 3 0.7%
日本大学 673 24 3.6% 876 8 0.9%
北里大学 326 36 11.0% 444 29 6.5%
金沢医科大学 1014 45 4.4% 1247 36 2.9%
福岡大学 711 57 8.0% 737 36 4.9%
聖マリアンナ医科大学 382 38 9.9% 723 17 2.4%

以上のように医学部再受験生を含む22歳以上の合格者が2019年度は倍以上に増加している医学部も少なくありません。

特に年齢に寛容ではない大学で有名だった順天堂大学医学部では非常に多く合格者が誕生しています。

これは医学部再受験生にとっては朗報であり、より合格の可能性が高くなった証拠でもあります。

医学部再受験生は今がチャンス

今は不正入試が世間でも注目され、文部科学省の立ち入り調査、そして面接試験における大学共通のルール整備が実施されたことで、年齢や性別の差別が解消されつつあり、医学部再受験生が該当する22歳以上の合格者が増加傾向にあります。

したがって、医学部再受験生でも今の入試制度なら年齢に関係なく、合格を実現できる可能性が非常に高いということです。

いつ、また年齢に不利なに試験に戻るかは分かりません。

医学部再受験生は1年でも早く、年齢に寛容な今のうちに合格してしまうことが大切です。

>>医学部再受験に寛容な大学はコチラ

独学より医学部予備校の方が圧倒的合格率

独学より医学部予備校の方が圧倒的合格率

実際に医学部再受験を決意した場合、多くの人がまず悩むことが「独学か、どこかに頼るか」の問題。

ただでさえ困難な医学部受験ですから、医学部予備校などのプロ講師に頼みたいところ。

でも、医学部予備校に通うほど費用はかけられないし、どこを選んだらいいのかわからない。

ここからは、そんな方々に向けて、おすすめの選択を解説していきます。

結論「医学部再受験合格は1人では非常に厳しい」

まずは結論から。「医学部再受験を独学で乗り切るという選択は最後の選択肢とするべき」です。

そもそも医学部再受験にどんな方法があるか、ざっくり以下のような選択があります。

  • 独学
  • 知人・友人にサポートしてもらう
  • 個別指導塾
  • 家庭教師
  • 大手予備校
  • 医学部予備校

実際のところ、この箇条書きの下に行くほど合格率が高いのが現状です。つまり、「医学部予備校が合格への安心の選択」。

確かに最も費用が抑えられそうなのが独学という選択肢ですが、1年間独りで医学部予備校などにも通わずに医学部受験勉強をするのは困難の極みです。

そもそも、独学とはいえ相当量の参考書が必要で、医学部予備校のように学習環境がないために独学の場合カフェなどを利用する人も多いです。

結局のところ、年間で見たらそれなりの費用がかかっているわけですから、その分の費用をプロ講師に任せるだけで、圧倒的に合格率は変わります。

1人では十分な情報収集が困難

医学部受験に限らず、大学受験全体が情報戦です。

医学部再受験であれば、年齢に寛容な大学とそうでない大学の区別、それぞれの大学の入試傾向と自身との相性、定員や倍率のこれまでの推移など、必要とされる情報は膨大なもの。

また、医学部再受験は「どこでも構わないから合格したい」という人も多く、その場合、全大学が受験対象となり、収集する情報もそれだけ膨大です。

医学部予備校であればこれまでに何人もの合格生を輩出しているため、合格ノウハウはもちろん、これまでの情報や、合格生との繋がりから得られる情報網などから、どこよりも十分な情報収集が可能です。

医学部予備校の中には何十年も指導実績のある医学部予備校もあり、大手予備校にはないパイプや情報を抱えていることも珍しくありません。

医学部専門予備校はプロ講師の集まり

医学部予備校は当然ながら医学部受験のプロの集まり。

河合塾や東進、駿台といった大手予備校ももちろんプロ講師の集団ですが、医学部予備校は「医学部受験専門」という点で大きく優れています。

年間のスケジュールはもちろん、毎回の模試の分析とそれを学習プランに反映させるサポートのもとでは、合格率が高まるのは必然とも言えます。

また、医学部予備校の場合は講師のみならず事務の方々も医学部受験に精通しているため、常日頃から相談をすることが可能であり、いつでも合格へのガイドを受けるメリットもあるのです。

医学部予備校は家庭教師や個別指導塾とは大きく違う

医学部予備校は「専門」という点で、大手予備校とは異なることはお伝えしました。

選択肢としてはそのほかに、家庭教師や個別指導塾を選ぶ方法もありますが、やはり医学部予備校とは大きな違いがあります。

家庭教師や個別指導塾は「個別指導」が受けられる点で魅力的ですが、実は医学部予備校でも多くの医学部予備校が集団指導と個別指導の両方を展開しています。

確かに家庭教師や個別指導塾の方が、よりマメに個別指導を受けることができ、二人三脚の要素が強まりますが、得られる情報量や合格実績では医学部予備校に勝るところはほとんどないと言えるでしょう。

そのほかにも、通信教材を活用して学んでいくスタイルもありますが、結局のところ独学と変わらず、医学部予備校に通う場合に比べると合格率は圧倒的に低いものです。

短期合格に医学部予備校が必要な理由

短期合格に医学部予備校が必要な理由

医学部再受験生は年齢問題によって難しいと言われがちですが、失敗してしまう一番の理由は学力不足です。

比較的、年齢に寛容的で公正な入試を実施している今うちに早期合格を実現するためには、医学部予備校での対策がおすすめとなります。

なぜ、医学部再受験生は医学部予備校での対策がおすすめな理由は、下記のようなポイントがあげられるからです。

手厚いサポートが受けられる

医学部予備校では、プロ講師らにより、手取り足取り徹底したサポートと学習管理を提供しています。

受験勉強をやり直す医学部再受験生にとっては分からないことだらけであり、いつでも質問できる環境や、厳格な学習計画と進捗管理は効率良く学力を伸ばす上では非常に重要

1年で医学部合格を実現するためには、手厚いサポートとプロ講師による指導環境が必要となり、医学部予備校が最適だということです。

ノウハウや情報量が豊富

医学部予備校は、医学部受験に特化した指導を行っているので情報量やノウハウが豊富です。

特に医学部再受験生は、志望校選びが重要だと言われています。

医学部予備校であれば豊富な情報網から、点数が最も伸びやすい入試制度を実施する大学選びや、医学部再受験生にとって重要となる面接対策まで生徒一人ひとりに最適なアドバイスやサポートを提供してくれます。

圧倒的な学習量を確保できる

医学部再受験生の場合は、現役のライバルよりもやるべきことが多いので、必然的に勉強量も多くなってしまいます。

医学部予備校ならほとんどの校舎で1日12時間の勉強を強制化。

大手予備校の3倍勉強する医学部予備校もあるので、圧倒的な学習量を確保できます。

もちろん、メンタル面のサポートも徹底しているので、モチベーションの維持しやすく、医学部再受験生で多いドロップアウトのリスク防止にもつながります

どうしても医学部予備校の費用を抑えたい場合の裏技

ここまで医学部予備校を強くお勧めしてきましたが、それでも経済的になかなか医学部予備校を選択できない人がいるのも事実。

ここでは、医学部予備校の料金を抑える裏技を簡単にご紹介いたします。

【単科受講や短期講習を選ぶ】

全ての医学部予備校が展開している訳ではありませんが、数学のみといった単科コースや夏期講習のみを医学部予備校で活用する方法があります。

この場合、受講している間はその医学部予備校に所属していることになり、医学部予備校が抱える情報を閲覧することができます。

当然、医学部予備校に本科生として通うより学費は抑えられ、医学部予備校の最大のメリットでもある情報を利用できる裏技です。

【オンラインやチューター制度のみを利用】

コロナ禍を受け、医学部予備校の中にもオンライン指導を展開する医学部予備校が増えてきています。

オンラインの場合、従来の医学部予備校の本科生よりも費用が低くなっている場合があり、お得です。

また、限られた医学部予備校でしか行われていませんが、学習指導は無く学習計画や悩み相談のみを受けつけるプランを展開している医学部予備校もあります。

医学部予備校が近くにない場合

とはいえ、全国47都道府県全てに医学部予備校がある訳ではありません。

特に地方では医学部予備校はおろか、大手予備校までないことも。

この場合、できるかぎり医学部予備校のある地域に転居することも考慮に入れましょう。

これまで何度も述べたように、情報量・分析力・指導ノウハウ、どれをとっても独学より大手予備校・医学部予備校の方が圧倒的に合格への道が開きます。

医学部予備校の中には全寮制であったり、近くの安い物件を斡旋している医学部予備校もあるため、前向きに検討することをおすすめします。

医学部予備校のある地域にわざわざ住居を変えてまでも、それだけ真剣に医学部を目指している人が事実いる中、どのような選択をとるからはあなた次第と言えるでしょう。

>>医学部予備校の寮についてはこちら

再受験生におすすめな医学部予備校ランキング

おすすめな医学部予備校ランキング

ここでは、医学部再受験生におすすめな予備校をランキング形式で紹介しています。医学部合格実績や学習環境並びに学費など厳選して医学部予備校を紹介しているので予備校選びの参考にしてみてください。医学部再受験生は必要な学習量が多く、志望校選定においても情報力が求められます。1年合格を実現できるよう医学部再受験生の指導実績がある予備校でしっかりと対策することが重要です。

ランキング1位 学び舎グループ
学び舎グループ

学び舎グループは、東京および京都で医学部や東大などの難関大学に的を絞った受験指導を行っている個別指導予備校です。1対1に直接指導してくれるので、基礎から勉強しなおす必要がある再受験生も、自分だけのカリキュラムで効率よく学べます。学費が他校よりも安く設定されているので、経済的な負担も軽くできます。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
30代社会人医学部合格実績あり 東京・京都
ランキング1位 野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、医学部受験指導を40年以上行なっている医学部専門予備校の中でも歴史が古いのが特徴です。その分今まで培ってきたノウハウや合格実績により、効率よく学習できるカリキュラムが組まれています。個別講座も開講しているので弱点克服や志望校対策も万全です。アットホームの中、講師との距離が近い環境が魅力の学校です。

詳細 資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
有名大学出身の講師陣による親身な指導 東京
ランキング3位 医学部予備校四谷メディカル
医学部予備校四谷メディカル

医学部予備校四谷メディカルは、医学部再受験の指導実績が豊富な代表が運営する新設予備校です。他の予備校が実施する4倍の演習量を誇っており、圧倒的な学習量で着実に学力を身につけていくことができます。専属担任制を設けて生徒一人ひとりの学習を毎日チェックしてくれるので、学習進捗状況はもちろんのことモチベーション管理も万全の体制です。医学部に合格できる実力を持った講師陣で構成されているので、指導力には自信がある予備校です。再受験を挑戦するかで迷っている人もぜひ経験豊富な四谷メディカルに相談してみることをおすすめします。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
他の4倍を誇る圧倒的な演習量で差をつける 東京
ランキング4位 KGS
KGS

KGSは、名古屋にある医学部や難関大学進学を専門に指導する予備校です。超少人数教育にこだわっており、定員制を設けて一人ひとりに丁寧な指導を行っています。医学部進学率は80%を超えており、国公立私立問わず目指せます。授業料が割安な設定も魅力です。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
割安な学費設定と医学部進学率が強み 名古屋
ランキング5位 TMPS医学館
TMPS医学館

TMPS医学館は、現役の医師からも支持されている評価の高い医学部予備校です。マスコミにも大きく取り上げられている医学部予備校であり、テレビ局や出版社からの取材依頼も多く、安倍元総理大臣が出演したことのある番組にも出演している実績があります。最強講師陣が集まっており、偏差値40台からの逆転合格者が続々と誕生している予備校なので、再受験生でも医学部合格が十分目指せます。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
医師からも支持されている医学部予備校 東京
ランキング6位 医学部受験クエスト
医学部受験クエスト

医学部受験クエストは、東大卒中心のプロ講師陣が集まり質の高い指導で多くの医学部合格者を輩出する進学予備校です。入塾テストがあるので、受験勉強ゼロからの人は入塾テストが無い個別指導から始めてみるのも1つの方法です。講師のレベルが高く、生徒一人ひとりのフォロー体制が確立されているので、高い学習効果を期待できます。

詳細 資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
新宿で豊富な医学部合格実績を誇る進学予備校 東京
ランキング7位 四谷学院
四谷学院

四谷学院は、医学部受験指導を40年以上行なっている医学部専門予備校の中でも歴史が古いのが特徴です。その分今まで培ってきたノウハウや合格実績により、効率よく学習できるカリキュラムが組まれています。個別講座も開講しているので弱点克服や志望校対策も万全です。アットホームの中、講師との距離が近い環境が魅力の学校です。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
中学レベルから学べる55段階個別指導が自慢 全国主要都市
ランキング8位 進学塾ビッグバン
進学塾ビッグバン

進学塾ビッグバンは、医学部医学科合格率80.0%(2020年度)と高い実績を誇る医学部予備校です。9時から22時までの強制学習を課すことで年間2700時間の圧倒的学習量を確保しています。大手予備校の学習時間に換算すると倍以上の学習量となります。さらに、同一単元を複数回繰り返し学習するので、再受験生でも基礎からしっかりと理解・定着することが可能です。

詳細 資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
大手予備校の倍以上の学習が可能 大阪・東京
ランキング9位 ウインダム
ウインダム

ウインダムは、本科生の2人に1人が医学部へ進学している実績豊富な医学部予備校です。私立医学部入試を研究し尽くしているため、合格に直結した対策を行うことが可能です。少人数クラスおよび全科目レベル別授業を採用しているため、再受験生も基礎から着実に学力を身につけることができます

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
圧倒的な医学部合格率を誇る人気予備校 東京
ランキング10位 駿台予備校
駿台予備校

駿台予備校は、古くから理系に強いと言われている3大予備校の1つです。医学部受験指導にも力を入れており、市ヶ谷には医学部受験専門校舎を設置しています。市谷校舎は医学への登竜門と言われてるくらい合格実績が高く全国から優秀な生徒が集まってきます。駿台は特に難関国立大学医学部の合格実績が高く、国公立大学医学部を目指している再受験生におすすめです。

詳細資料請求はこちら
口コミ・評判 特徴 校舎
理系に強いと評判の3大予備校の1つ 全国主要都市

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.