医学部再受験か編入か

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

学士卒の人は編入試験でも医学部に入学することが可能です。

医学部再受験TOP >  医学部再受験か編入か

医学部再受験か編入か

医学部を目指す社会人の場合、一般入試の再受験か、学士編入で合格を目指すか迷うと思います。

そこで今回は学士編入試験のメリットおよびデメリットを紹介しながらどちらを選ぶと良いかについて解説していきます。

再受験と編入で悩む方のが参考になれば幸いです。

医学部再受験生が最初に迷う選択肢

医学部再受験生が最初に迷う選択肢

大学生または4年生大学を卒業した社会人などが医学部を目指す方法として一般入試以外にも編入という方法があります。

医学部では、国公立大学を中心に多くの大学で編入試験を実施しており、どちらで入学を目指すか最初に必ずと言っていいほど迷う選択肢です。

一般的には、医学部再受験での合格を目指す受験生の方が多いです。

ではなぜ、学士編入試験の受験資格がありながら勉強量の多い一般入試での医学部再受験合格を狙うのか。

学士編入のメリットとデメリットを確認しながら、その理由を確認していきましょう。

医学部へ学士編入するメリット

医学部へ学士編入するメリット

国公立大学が併願できる

国公立大学医学部を一般入試で目指す場合、前期日程と後期日程の2回しか受験機会がありません。

しかも、後期は倍率が上がり前期よりも難易度が上がるだけでなく、近年は後期日程を廃止する国公立大学は続出

したがって、一般入試で国公立大学医学部を目指す場合は、チャンスは実質年1回となってしまいます。

いっぽう、学士編入の場合は国公立大学でも試験日は大学によって異なります。

つまり、試験日が重ならなければ、国公立大学でも併願受験ができるとうことです。

国公立大学を目指す人にとっては大きなメリットになるでしょう。

学費と時間を節約できる

編入試験で医学部医学科に入学すれば1年次後期~3年次の間で学生生活を再スタートできるので授業料及び学習期間を節約することが可能です。

編入時期は医学部によって異なりますが、3年次なら大学の在籍間を大きく減らすことができるため、年齢が高い人でも医学部再受験に比べて一足先に医師になることができます

私立大学医学部で編入試験を実施している大学は岩手医科大学、東海大学、北里大学のみとわずかですが、編入試験で入学できた場合、高額な私立の学費を1年以上節約できることは経済的にも大きなメリットと言えます。

文系出身でも受験しやすい試験内容

医学部学士編入を選択するメリットとして、文系出身者でも効率よく学士編入で合格することが可能なことです。

医学部再受験だと一から数学および理系2科目を学習する必要がありますが、編入試験であれば大学によっては学科試験が英語・理科のみ、理科科目は生物だけなど文系出身者でも対策しやすい大学もあります

ただし注意点としておきたいのは、大学の求める人物像。

学士編入試験は、一度他大学で学を修めた優秀な人を招くための制度。

自然科学総合Ⅰ・Ⅱや数学を設けていない医学部であっても、その大学が将来研究者として活躍する学生を求めているのであれば、文系出身者より理系出身者のほうが、研究経験の有無から多少有利になるかもしれません。

したがって、旧帝大などの編入試験は数学が試験科目になくても文系出身者にとってはハードルが上がるので注意しましょう。

経歴や熱意を一番に武器にできる

学士編入試験ではほぼずべての大学で面接があり、小論文を課す大学も半数以上なのが実態です。

そして重要なのがその重要視具合です。

一般に、学士編入試験では医学部再受験となる一般入試に比べて、面接・小論文の比重が大きいとされています。

実際、面接にかかる時間は医学部再受験よりも長く、これまでの経歴は志望理由を詳しく聞く大学が少なくありません。

多くの大学で、出身大学での研究論文や卒業論文について聞かれることが多いようなので、自身の論文について自信のある人や真剣に研究に取り組んだ人にはとても有利と言えるでしょう

また、学士編入を選択する受験生のほとんどが、熱い志望理由を持っています。

一般的な大学受験生に比べれば高齢でなる学士編入受験者は、わざわざ今医学部を目指すという点で、医学を勉強したいという意欲がかなり高いことがほとんど。

面接の場では、なぜ今医学部なのか、何がきっかけなのか、どんなことをしたいと考えているか、など詳しく聞かれることが多いようです。

つまり、これまでの自身の経歴やこれから医学を学びたいという熱意を最大限に表現することができる受験生には、学士編入試験はとてもおすすめできる制度であると言えます。

編入を選ぶデメリット・問題点

編入を選ぶデメリット・問題点

募集定員が少なく競争は熾烈

学士編入試験の場合は募集定員が非常に少なく、募集要項を見ても分かる通り、一桁であることも珍しくありません。

したがって、入試倍率以上に合格が非常に厳しく感じることでしょう。

特に、学士編入で合格していく社会人は医療関係者や高学歴・高キャリアなどプロフィールが印象的であることが多いです。

面接や小論文に重きを置いている大学が多いので、ただ単に勉強ができるかどうかの指標だけではなく、旧帝大理系出身など高学歴な経歴、医学部に直結するような職歴がある人、大学時代の研究が医師を目指す動機に直結する人などが合格している傾向ではあります。

ライバルに面接や書類でアピールできる武器がないと合格難易度が非常に高くなってしまいます。

英語が苦手だと不利

医学部学士編入試験では、入試科目が文系出身でも受験しやすくなっているように面接や小論文を重視している大学が多いです。

そして、英語科目はどこの医学部でも出題されるため対策は必須となります。

特に社会人はTOEIC取得者が多く、英語アレルギーがない人も多いので、そんな中で英語の勉強に苦手意識があるとなるとその分不利になります。

英語が苦手で数学や理科の理系科目が得意な人は、一般入試で医学部再受験合格を目指すほうが現実的かもしれません。

入試情報が少なく予備校での対策が必須

一般入試とは違い、医学部の学士編入試験は情報があまりありません。

そのため、独学で学士編入試験を合格するのは非常に厳しいのが現実。

実際に、学士編入試験で医学部に合格した人の多くは、河合塾KALSなどの専門予備校で対策しています

専門予備校なら学士編入試験の情報やノウハウも豊富なので、日々の授業から模試や面接を通じてしっかりと対策可能です。

学士編入試験も一般入試と同様に専門予備校の活用をおすすめします。

受験時期と入学時期が特徴的

一般入試である医学部再受験は、例年の出願・試験時期は以下の通りです。

  • 出願期間:10月〜1月
  • 受験期間:1〜3月
  • 合格発表:2〜3月
  • 入学:4月

一方で、一般的な学士編入試験の日程はこちら。

  • 出願期間:ほとんどが4月〜6月(最遅でも山口大学9月)
  • 受験期間:5月〜8月(最遅でも山口大学10、11月)
  • 合格発表:7月〜11月
  • 入学:4月

かなり試験期間が早く、一般的な時期ではないことがわかります。

実際、学士編入をしようと思ったけどすでにほとんどの大学の出願が締め切られていたなんてことも珍しくありません。

前述したように情報があまり出回っていないのが学士編入の実態なので、医学部再受験以上に情報収集が合格の肝と言えるでしょう。

まとめ〜医学部再受験か学士入学か〜

今回は社会人や大学生が悩む一般入試と学士編入試験について学士編入目線で解説してきました。

学士編入はメリットは多いですが、やはりデメリットの影響も大きく一般入試で医学部再受験を目指す人も少なくありません。

ただし、決して医学部再受験のほうが簡単な試験ということではありません。

メリットおよびデメリットを確認したうえで、自分に合った試験方法を選び、専門予備校等で適切な対策を行うことが合格への近道となります。

医学部予備校の口コミ・体験談を大募集!

当サイトでは、現在医学部予備校の口コミ・体験談を募集しています。受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.