社会人の医学部再受験対策

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

社会人の医学部受験は非常に厳しいですが、強い信念と努力で合格している人もいます。

医学部再受験TOP > 社会人の医学部再受験対策

社会人による医学部再受験の状況は?

社会人による医学部再受験

社会人の医学部再受験は一般的に厳しい見方をされると言われていますが、そのような大学ばかりではなく、入試面接などで前向きな評価をしてくれる大学もあります。

実際に以前と比較しても、社会人の再受験で医学部に合格する人が増加しているようです。

社会人の強みは、一度社会に出て色々な知識を持ち、様々な観点から医療分野を見ることができる点です。

現役で大学に進み医師になることは確かに素晴らしいですが、「経営」や「サービス」という観点から医療を考えられる力が、今後の医療業界で必要になると思います。

確かに、社会人の医学部再受験に関して厳しい大学と寛容な大学はありますが、そもそも点数を採れていなければ合格はできません。

したがって、まずはしっかり学習して基礎固めを行い、成績を伸ばすことを念頭におくことが非常に重要です。

社会人の再受験が厳しい理由

社会人にとって再受験の一番のネックは、しっかり勉強時間を確保できるかということです。

浪人生は、1日に7~8時間の勉強時間を確保することは可能ですが、社会人の場合は、平日で多くても4時間ほど取れればいい方だと思います。

足りない勉強時間を補うために土日や有給休暇を消化して勉強する人もおり、強い意志を持ってハードに取り組まなければ、他の受験生に追いつくことができません。

したがって、社会人で再受験される方は、仕事と勉強の両立が難しいと判断して、仕事を辞める人も多いです。

働きながらの受験勉強はリスクヘッジになる

会社に勤めながら医学部を目指して受験勉強を行うことは、犠牲にするものも多く相当の努力と忍耐力が必要となります。

ただし、キャリアを中断することを回避できるため、例え医学部受験に失敗してもまた従来の生活に戻ることが可能です。

いっぽう、会社を退職して勉強に専念した場合、医学部合格が実現できなかった場合は再就職の道を歩むことになりますが、結構厳しい現実が待っています。

専門職や高度な経歴がある場合は別ですが、一般的な社会人の場合はキャリアを中断することで経歴に空白期間が生じてしまい、前回と同じような待遇で転職活動をしてもなかなか決まらないことが多いようです。

医学部入試は競争試験であるため必ずしも合格できるとは限らず、不合格の場合も考えると仕事を辞めずに受験勉強に励むほうがリスクヘッジになります。

医学部再受験を決意する場合は安易に専念することを選ばずに慎重に検討してみることをおすすめします

社会人の医学部予備校選び

社会人の医学部予備校選び

社会人の再受験には試験勉強のブランクがあることから、一から学習し直さなければならないという問題があります。

社会人は経済的な負担もあるため、独学で勉強しているケースもありますが、医学部は相当高いレベルなので、実際独学で合格することはかなり厳しく、学習環境が整った医学部予備校を利用する方が良いと思います。

学費などの経済的負担も大きいと思いますが、医学部予備校の中には教育ローンや社会人支援制度などを設けているところもあるので、利用することを検討してみてはいかかでしょうか。

また、学費が比較的安い大手進学予備校を選ぶ人も多いですが、大手はどちらかというとある程度学力がある人や、学習方法を理解している人向けです。

それにもかかわらず学費の安さだけで大手を選んでなかなか結果ができずに失敗している再受験生が多く見受けられます。

やはり、限られた時間内で結果を出そうと思ったら手厚いサポートと自分だけの学習プランで対策できる医学部予備校のほうが合格の可能性は高まるはずです。

社会人の医学部再受験はそれぐらいやらないと難しいということを理解し、挑戦すると覚悟を決めたのなら最高の学習環境を用意して万全の状態で挑むしか他はありません。

医学部再受験生で失敗する人が多いのは、年齢的な問題よりも安易な気持ちや中途半端な勉強による原因が多いです。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.