20代の医学部再受験

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

20代の医学部再受験は選択肢も豊富で勉強体力もあるのでおすすめです。

医学部再受験TOP > 20代の医学部再受験

選択肢が多い20代の医学部再受験

医学部再受験で最も合格の見込みがあるのはやはり現役生や浪人生と年齢が近い20代の受験生です。

20代前半であるなら、年齢に厳しいと言われている医学部のなかからでも志望大学を見つけることもできます。

受験できる医学部が増えるとうことは、それだけ自分と相性の良い入試を実施する大学に出会える確率も高くなるため、合格の可能性は高くなります。

また、年を取るとどうしても記憶力が劣ったり、ちょっとの無理が身体やココロに影響しやすくなったりするため、医学部再受験をするならズルズルと引き延ばすのではなく、20代での早期決断をカギとなります。

医学部再受験に関わらず、人生の軌道修正を行うなら早い時期に試みる方が実現しやすく、特に新卒主義の日本ではそれが顕著に表れています。

医師になるには多くのお金が必要となり、大学側としては少しでも長く医師として社会に貢献してほしいと思う医学部が沢山あります。

医学部再受験を目指すなら、気力・体力も豊富で年齢差別の影響が少ない20代うちに目指すことを強くおすすめします。

再受験生に寛容な医学部を確認>>

推薦入試も積極的に活用

医学部再受験の場合、一般入試で合格を目指す方法が一般的ですが、20代前半で目指すのであれば推薦入試も視野に入れることが可能です。

推薦入試と言えば現役生のイメージがありますが、医学部の場合は2017年度時点で最大4浪まで(京都府立医科大学)受験できる大学もあります。

また、推薦入試に似たAO入試であれば、金沢医科大学が25歳まで出願できることが可能なので、積極的に挑戦することをおすすめします。

一般入試よりも推薦入試やAO入試は早い時期に実施されるので、仮に合格できなかったとしても、一般入試に再挑戦することが可能です。

もちろん、一般入試対策とは別に推薦・AO対策を行う必要があるため、その分学習量は増えてしまいますが、再受験生の学力によっては目指す価値があります。

偏差値が引く一般入試での医学部合格が厳しい再受験生は、最初から一般入試に絞って対策する方が良い場合もあるので、予備校の講師やスタッフと相談して決めると良いでしょう

医学部再受験生だからと言って一般入試だけが唯一の方法ではなく、20代前半であれば推薦やAOで入学する手段もあるとうことを知っておいてください。

専念で短期合格を狙うのも1つの手段

医学部再受験は必ず合格できる保証はないので、仕事を続けながら勉強したほうが不合格時のリスクヘッジになります。

それは、大量一括採用を実施する新卒主義の日本では、大手や人気業界で働く場合は中途採用では困難な場合があるからです。

転職も日本社会に浸透しつつありますが、新卒採用と比較すればまだまだ採用数は極端に少なく、内定を貰うのも難しいのが現実です。

ただし、20代なら年齢的に若く今後のキャリア形成も十分可能なので、企業はポテンシャルを重視して採用してくれるケースもあります

なので、20代前半であれば仕事を辞めて受験勉強に集中する方が、勉強時間も確保できて思い通りに学習計画を進められるので、医学部合格の可能性も高まるので専念を選択肢に入れることができます。

ただし、長期間の受験生活を送ってしまうとそれだけ経歴に空白期間が生じてしまうので、医学部再受験を決意する場合は、1年、2年とあらかじめ期限を決めて取り組むことが重要です。

受験生活が短いほど、不合格だった場合の軌道修正もそれだけ容易だということです。

また、受験勉強に専念する場合、独学は絶対に避けたほうが良いでしょう。

せっかく学習効率を重視して専念を選んだのであれば、より合格の確実性が高まる医学部予備校に通って勉強することが重要です。

医学部予備校は、合格に必要な知識を効率よく習得できるだけでなく、辛い受験生活をモチベーション高く勉強できる環境が整えられています。

予備校によっては、再受験生に特化したサポートプログラムを設けるなど、現役生や浪人生にはない特別な対策を実施してくれるところもあります。

さらに、医学部予備校なら多くの受験データおよび情報力を有しているので、医学部の年齢差別を熟知しており、適切な進路指導を行ってくれます。

医学部予備校を選ぶ場合は、できるだけ再受験生への指導実績および合格実績が豊富な医学部予備校を選ぶと良いでしょう。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.