医学部再受験の成功談

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部再受験は非常に困難ですが合格を勝ち取ることは可能です。

医学部再受験TOP > 医学部再受験の成功談

医学部再受験で成功する秘訣

医学部再受験の成功談

医学部再受験は非常に難しく、ネットなどでは合格する人はほんの数パーセントと言われているほどです。

再受験で医学部合格を目指したブログも数多くありますが、ほとんどが受験途中で更新してなかったり削除されたりしてまっているのが現状です。

それでも医師という夢を諦めきれず、努力して医学部に合格している再受験生もいらっしゃいます

ここでは、少しでも多くの再受験生が合格を勝ち取れるよう、成功した再受験生の先輩たちはどのようにして合格できたのかを紹介しています。

成功体験をもとに自分の再受験生活を見直してみてはどうでしょうか。

プライドを捨て、どこの医学部でも行く決心をした

再受験生は、年齢差別などの大学があるためどこの医学部でも入学できるわけではありません。

また、受験勉強から遠ざかっているため試験科目が多い大学などは学習の負担が増えてしまい難易度が増してしまいます。

つまり、自分の得意・不得意科目や、配点割合、再受験生の寛容さなどを加味して、自分にとってどこの医学部が一番入学し易いかを見極めることが大事です。

通常、志望校と実際合格し易い大学は異なってくると思いますが、こだわりやプライドを捨てて受験した人が合格を勝ち取っているようです。

また、勉強の経験値がある分、自分の学習法に執着する人もなかにはいるようです。

医学部予備校など提供する学習法を素直に取り入れたほうが学力伸び率は違います。

客観的に自分を評価できるようになる

医学部合格には高い学力が必要で、苦手科目はほぼ作れません。なので、自分に足りない能力を伸ばし、改善していくことの繰り返しとなります。

その際、客観的に自分を見つめれば何が足りないのかを把握でき、受験勉強を効率良く行えるのです。

成績に一喜一憂せず、毎回結果を冷静に分析して自分の学習計画に反映していくことで医学部合格に一歩ずつ近づいていきます。

再受験再開までの期間が短かった

大学に進学はしたものの医学部の夢を諦めず半年以内で医学部再受験を開始した人は、まだ受験勉強から遠ざかっていないため知識がまだ残っています。

したがって、受験勉強にも取り掛かりやすく短期間で医学部合格を実現できているようです。

つまり、医学部再受験を決意するなら、知識の蓄えがある早い段階で始めることが良いということです。

また、理系の学部出身者のほうが、入試科目に精通しているので文系科目より医学部受験を有利に進めることができます。

周囲に仲間がいたのでメンタル的な支えがあった

再受験生は、独学で学習する人も多いですが、メンタル的な支えは合格に影響しているようです。

やはり独りで学習すると相談する相手もいなかったり、ライバルもいないので競争心も芽生えず、なかなかモチベーション高く学習することが難しいです。

いっぽう、医学部予備校などに通っている再受験生は、周りに同じ目標に向かって頑張って仲間がいることで、競争心も湧いてくるし、時には励ましあって精神的な支えになるようで、健康的なメンタルで学習に集中できるようです。

友人との関係は深く仲良くなり過ぎると勉強に悪影響が出るなど難しいところです。

なので、日々学習に励む真面目な人や努力家と適度な距離を保ちつつ仲良くなり、刺激し合うと良いでしょう。

情報に溺れすぎないよう注意した

再受験生は、ただでさえ年齢差別がある医学部あるなど様々な情報があり、2chやブログを見ているだけで合格できるか不安になってしまいます。

したがって、受験情報や志望校選択は医学部予備校など信頼できる人に相談して、決めることで余計な雑音が気にならなくなり、その分勉強に集中したほうが合格する可能性は高くなります。

今は、ネット簡単に様々な情報が入手できますが、その分情報が多過ぎて無駄な心配や、信憑性の低い情報に踊らされないよう注意しましょう

私立大学医学部も志望校に入れた

医学部再受験生は経済的な理由から国公立大学医学部に絞って勉強している人が沢山います。

しかし、国公立大学医学部は前期と後期の年2回しか入試日がなく、しかも後期は難易度が上昇すると同時に近年は後期試験の廃止が増えているので実質的には年1回しかチャンスがありません。

一度の失敗によりまた1年勉強しないといけないので年齢もその分上がってしまい難易度は高まるばかりです。

しかも、国公立はセンター試験の受験が必須となっており、文系科目の対策も怠ることができません。

ただでさえ医学部再受験生は受験から遠ざかっており学習進捗で遅れを取っているのに、文系科目まで対策するのは膨大な学習量と時間を要してしまいます。

したがって、医学部再受験生こそ私立大学医学部を選択肢に入れることが重要です。

私立であれば受験科目は英語と理数科目に絞って対策できるうえ、併願受験によって合格の機会を増やすことが可能だからです。

地域枠や奨学金制度を活用すれば、私立でも学費負担を大きく抑えることもできるので、経済的理由だけで諦めるのは医学部再受験を失敗に終わらせてしまうリスクが非常に高くなるのでよく検討しましょう。

独学せずに医学部予備校を利用した

再受験生は、金銭的な理由で予備校似通わず参考書等を購入して独学で勉強している人が多く見受けられます。

ただし、独学で医学部合格できる人は再受験生の中でも限られており、非常に難しいということを理解した上で勉強しなくてはなりません

独学は、質問や学習計画のアドバイスも無いため非常に効率の悪い勉強になりがちです。

経済的負担はかかりますが、短期合格を決意して、学習管理が厳しく医学部再受験生の合格実績がある予備校に通って勉強するのが近道です。

予備校に通うとしても、学費の大手を選ぶ人も多いですが、生徒数が圧倒的に多いためフォロー体制は医学部予備校に比べると劣ってしまいます。

また、医学部予備校のように徹底した学習管理を行っていないため、自己管理ができる人でないと思うように勉強が進まないリスクがあります。

⇒再受験生向けのコースがある予備校がおすすめ

医学部予備校の中には再受験生用のコースを設けて対策している校舎もあるので、仕事と両立しながら目指す人でも計画的に学習可能です。

授業は平日の夜間および週末に行い、限られた時間を無駄にしないよう個別指導で丁寧に対策してもらえます。

再受験生向けのコースがある医学部予備校は指導実績が豊富なのでノウハウも持っており、短期間でも合格できる可能性があります。

再受験に強い医学部予備校を比較

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.