医学部再受験の失敗談

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部再受験の失敗談から同じ轍を踏まないための対策が必要です。

医学部再受験TOP > 医学部再受験の失敗談

医学部再受験の失敗談から学ぶ学習法

医学部再受験の失敗談

医学部受験は、現役生でも高い学力が要求される超難関試験なのに、再受験生はさらにその勉強を一から始めなければなりません。

社会人であれば仕事を辞めて専念する人も多く、将来が不安になることもあると思います。

実際、多くの再受験生は医学部合格を実現できずに身を引いていくケースが多いのが現実です。

ここでは、少しでも医学部再受験生が失敗しないよう、医学部再受験生が失敗してきた原因を知り、同じ轍を踏まないで済むよう改善していくことが重要です。

精神がもたなかった

多くの再受験生は医学部合格まで気力がもたなかったようです。医学部受験は資格試験と異なり他の職種や資格に幅を利かせられる試験ではありません。

合格か不合格かのどちらしかないため将来の不安もそうですが、日々プレッシャーとストレスの中で自分と戦っていかなければなりません。

さらに再受験生で一発合格は難しいので、2、3年ほどの長期戦で医学部合格を目指していくのが一般的のようで、長期間モチベーションを高く維持することも難しくなってきます。

何が何でも医学部に絶対合格してみせるという強い信念と、相当の努力がないとやはり難しい試験であるということです。

1浪生や2浪生でも浪人生活は辛いもので、年齢的な制約がある再受験生はなおさらプレッシャーや重圧を乗り越えていく必要があります。

心理士などカウンセラーも在籍して心のケアに力を入れている医学部予備校もあるので、1年間の受験勉強に不安がある方は、そういった生活面のサポートが充実している医学部予備校を選ぶと良いでしょう。

勉強量が足りなかった

再受験生の人は一から受験科目を学習する必要があり、学習量は現役生の倍以上は要求されます。

しかし、多くの再受験生はやはり学習量の足りなさを自覚しているようです。どんなに質の高い勉強をしても繰り返し復習・演習を行わないと定着していきません。

やはり「最後は量」なのです。

予備校などではよく医学部受験は勉強の質が重要だと言っていますが、それはある程度の学習量があった上での話です。

暗記した単語や定義の数、問題演習の回数が多ければ多いほど、それは自信となり本番でも堂々と受験に挑むことができる強いメンタルへと繋がるのです。

働きながら勉強する医学部再受験生もいますが、勉強時間を確保することがどうしても困難です。

経済的事情もあるとは思いますが、本気で医学部を目指すのであれば朝から晩まで予備校に籠って勉強するのが1番です。

ご褒美癖や自分に甘かった

「これだけやったら好きなことしよう。」「ここまで勉強したら休憩。」と言って言い訳や甘えが徐々に増えていったことを反省している人が多いようです。

ご褒美は医学部合格と考え、ひたすら時間があるときは学習に専念してください。

また、言い訳をしてしまうと目標も計画も遂行できなくなり、結局自分の思っているような学習プランはできなくなります。

再受験を決意した日のことを思い出し、自分に厳しく受験勉強を行うことが重要です。

再受験で医学部合格を実現する人は、それなりに学力が高く難関大学出身者が多い傾向にあります。

もともと学力の高い人は勉強脳方法を知っていたり、要領が良かったりするため、自ずと医学部合格の可能性も高くなっていきます。

学歴がない人や勉強が苦手な人は、医学部の難しさを実感する機会も高校時代になかったと思うので、より一層努力する必要性が生じます。

国公立医学部にこだわり過ぎた

家庭や経済的事情もあるとは思いますが、国公立大学医学部にこだわり過ぎて合格を勝ち取れなかったのも大きな原因の一つのようです。

国公立大学はセンター試験と二次試験対策の両方を準備する必要があり、学費も安いため偏差値は高く、ただでさえ時間を要する再受験生には、非常に厳しい試験となります。

私立大学医学部でも最近では学費が下がってきており、6年間の総授業料が2000万円台も多くなってきました。

さらに、地域枠試験で合格すれば、卒業後に僻地医療に従事する必要が出てきますが、6年間学費免除で学ぶことが可能です

奨学金も視野に入れて私立大学医学部を受験対象に入れるほうが、合格するチャンスも高まるので、失敗して違う道を選ぶくらいなら目指すほうをおすすめします。

国公立大学の場合は、センター試験で失敗したらまた来年、二次試験へ進めても前期と後期の2回しかチャンスがあります。

しかし、私立大学医学部も選択肢に入れれば、日程が許す限り併願受験が可能となるため、より合格の可能性が高まります。

志望校を高望みし過ぎた

医学部に合格するだけでも難しいのに、なかでもトップレベルの大学を目指し続けて合格できない再受験生がいます。

理系卒しかも旧帝大などの超難関大学出身者であれば不可能でもないですが、中堅程度の大学卒業生は難しいと思っておきましょう。

再受験生は医学部に合格することが重要であり、合格できればどこの大学でも良いと言って過言ではありません

それだけ再受験生の医学部合格は難しいのです。

難関大学に合格できるだけの学力が身につき模試の成績でも結果が出だしたら、その時は志望校のランクを上げていくと良いでしょう。

最初から上を目指さずに合格できる医学部を志望校とすることが再受験生にとっては重要です。

ネットやブログの情報に翻弄された

特に医学部再受験生は仕事をや辞めて専念するなど、人生を賭けて目指している人も多いと思います。

したがって、情報収集にも余念がなく、ついついネットやブログの情報で悪い情報を見て「再受験生は合格できないのではないか」と翻弄される人も多いのが特徴です。

たしかに、2chや再受験生のブログは情報が豊富ですが、中には信憑性が乏しい内容もたくさんあります。

参考にするには良いですが、情報は常に更新されていくので、信じし過ぎるのも禁物です。

よって、おすすめは、2chやブログ再受験についての情報を収集しつつ、医学部予備校などの講師やスタッフからも信用性の高い情報を入手して総合的に判断していくようにしましょう。

そして、情報収集に時間をかけ過ぎないよう注意して、勉強時間をしっかりと確保することが合格するためには重要です。

下記に該当する再受験生は要注意

自己管理できない 厳格な学習環境に身を置くこと
誘惑に弱い 友人との関係を断つためにも寮一体型の予備校も選択肢の1つ
文系出身 理系の苦手意識が強いのでゼロから徹底的にやり込む
国公立特化型 合格にこだわるなら私立も選択肢に入れる
独学派 旧帝大卒業以外は医学部予備校で学ぶのがベスト

医学部再受験は引き際が重要

受験は引き際が重要

医学部入試だけでなく他の難関国家試験でも同じことが言えまずが、何事も引き際が大事だということです。

医学部合格まであと一歩のところでダメだった場合、翌年度は必ず合格できるとは限らないからです。

ズルズルと受験勉強を続けた場合、医学部再受験に失敗した後の人生は非常に厳しい道が待っています。

勉強期間が長いほど経歴に空白期間が生じてしまうため、再就職も厳しいものとなり前職よりも待遇や条件面では大きく妥協が必要になってくるでしょう。

また、20代、30代という大事な期間を受験勉強だけで終わらせてしまうのは非常に勿体ないですし、受験に費やす費用も莫大なものとなります。

したがって、医学部再受験を決意する際に2浪まで、3浪までというように区切りを事前に設けて始めることが重要です。

そして、受験生活最後の年は医学部だけでなく歯学部や薬学部など関連学部も受験しておき、失敗した後の進路を確保しておくのもおすすめです。

大学生は休学して勉強するのも1つの手段

いわゆる仮面浪人と呼ばれる他の大学に在籍しながら受験勉強をする人もいますが、大学の単位を取りながら受験対策をすることは両方を中途半端にしてしまうリスクがあります。

ましてや医学部入試となれば非常に高い偏差値が要求されるため、名門大学に在籍している学生以外は休学を選択肢に入れてみるのも1つの方法です。

現役合格者であれば2年間休学し医学部再受験を目指し、仮に不合格であってもその後復学してストレートに卒業できれば、2浪して進学した大学生と同じ年代です。

一浪して大学に進学した人であれば1年間休学して医学部再受験が目指せることになります。

なぜ、医学部再受験を目指したいなら休学が良いかというと、日本は新卒採用主義だからです。

多くの企業が新卒で大量に人材を確保するため、中途採用よりも入社できる確率が非常に高く、たとえ医学部再受験に失敗しても挽回できる可能性があるからです。

仮に、卒業後に医学部再受験を目指して失敗すると、新卒枠では応募できず中途採用枠しか残っていません。

中途採用枠となると即戦力が求められるため経験や実績が必要となり、受験勉強しかしてこなかった再受験生は非常に不利となってしまいます。

ただし、休学した期間の理由を就活では必ず聞かれるので周りの就活生より内定を取ることは困難になってしまいますが、中途採用よりはまだ可能性が残されています。

再受験生こそ医学部予備校の活用を

医学部予備校の活用

医学部再受験生は、社会人や他学部在学生の人がほとんどであるため金銭的に余裕がなく、独学で勉強している人が多くいます。

しかし、医学部入試は大学受験の中でもトップレベルの難易度を誇り、偏差値60以上の高い学力が必要となります。

受験勉強進行中の現役生や浪人生をライバルとして戦わなければならないため、学習管理が徹底している医学部予備校で学ぶことをおすすめします

独学だと勉強量や進捗具合が科目ごとにバラつきが出たり、最新の入試情報や傾向を入手できなくなるため、合格への道も遠のいてしまいます。

さらに、孤独のなか勉強を行うことは長期間のモチベーション維持も難しく、途中で挫折してしまうリスクも潜んでいます。

医学部予備校は、知識ゼロから医学部合格に匹敵する学力を効率よく身につけられるよう、徹底した学習管理とサポート体制によってバックアップしてくれます。

なかには会社を辞めて専念する人もいると思いますが、医学部に合格できなかった場合は希望の職に再就職することも困難になってしまいます。

相当の覚悟を決めて医学部を目指すわけですから、学習環境も100%集中できる予備校を探すことが重要となります。

医学部予備校には特待制度や経済的支援を有する校舎もあったり、1科目から受講できる単科講座を併設する予備校もあったりするので、上手く活用しながら独学を回避して合格にこだわった勉強を行うようにしましょう。

再受験に強い医学部予備校を比較

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.