予備校で医学部再受験

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

予備校で医学部再受験をする場合は効率良く学習できますが高額な費用が問題となります。

医学部再受験TOP > 予備校で医学部再受験

予備校で医学部合格を目指す

医学部再受験生の中で合格を勝ち取っている多くの人は医学部予備校を利用しています。

確かに、独学で医学部合格を実現した人のブログなどをネット上で見かけますがこれはほんの一部です。

医学部予備校は、医学部受験に精通した講師による講義だけでなく、各大学の出題傾向や受験情報を豊富にもっており効率よく学習することが可能です。

また、専用自習室やロッカーを完備している学校もあるので、家では自分の時間に費やすなどメリハリのある学習ができるのも魅力です。

自己管理が苦手な人や、どれから手を付けていつまでにどの程度の学力を付けていけばいいのか分からない人にはおすすめです。

予備校で医学部を目指すメリット

医学部予備校で目指すメリットとしては、質問できる環境がいつでもあることです。

独学では分からない箇所があっても自分で解説などを確認する必要があるので、分からないときは何時間も一問に費やしてしまい非効率な学習になってしまうこともあります。

予備校ではその日のうちに習ったことを消化できる環境があるので効率よくどんどん次の分野を学習していくことができます。

また、医学部受験を指導してきた実績とノウハウが詰まったカリキュラムのおかげで無駄なく効率よく学習することができ、学習の指針も立てやすく定期的な確認テストなどが行なわれるので、直近の目標を立てて達成感を味わうことでき、やる気や自信をつけることが可能です。

さらに、同じ医学部合格を目指す仲間と時にはライバルとして、時には良き相談相手や理解者として切磋琢磨できるのでモチベーション高く学習でき辛いときも乗り越えることができます。

予備校で医学部を目指すデメリット

医学部予備校に通う最大のデメリットは、学費の高さとなります。

医学部専門予備校では学費の平均が200万円から500万円ほどかかります。

特待制度などで授業料の免除も可能ですが、再受験生の場合は一からの学習となるので正規の授業料を払う必要がほとんどで費用が高額化してしまいます。

また、理系大学院出身の人など理系科目が得意な人にとっては、分かっている分野も授業を聴く必要があるので、独学で自分のペースで学習した方が効率よく学習できると言う人もいます。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.