医学部再受験と教育ローン

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部再受験生でも教育ローンや奨学金を活用して私立も選択肢に入れるべきです。

医学部再受験TOP >  医学部再受験と教育ローン

医学部再受験の学費対策

医学部再受験生は、現役生と違って親から独立している人も多いですが、そこで問題になってくるのが学費です。

国公立大学の医学部であれば6年総額350万円程度で済ませられますが、私立の医学部になると6年総額3000万円台も珍しくないです。

よく経済的理由で国公立に絞って対策を行う医学部再受験生がいますが、医学部合格を実現させたいなら絶対に私立も選択肢に入れるべきです。

国公立大学医学部は学費の安さから優秀な受験生が集まるうえ、前期と後期の2回しかチャンスがありません。

しかし、ここに私立大学医学部も選択肢に入れると、日程が許す限り併願受験が可能となるため、より合格できる確率が高まります

そこで、私立大学医学部に進学するための学費をどうやって賄うかが課題となってきます。

学費のお金を確保するための方法としては、日本学生支援機構、学資ローン、教育ローン、病院・自治体の奨学金などの選択肢があります。

日本学生支援機構

日本学生支援機構には、2種類の奨学金が用意されており、無利子の第一種奨学金と、有利子の第二種奨学金があります。

第一種奨学金の場合は月額最高6万5千円まで借りることができ、第二種奨学金の場合は有利子であるものの月額最高16万円まで借りられます。

仮に両方借りたとすると、月額22万5千円のお金を得ることができるため、6年総額なら1,620万円になります。

私立最安値の国際医療福祉大学なら6年総額が1850万円なので、学費のほとんどをカバーすることが可能です。

また第二種奨学金であっても、在学中の返済なら無利子となるため返済開始を早くすることで余計な利子を払わずに済みます。

再受験生に関わらず、医学部に通う学生の中には日本学生支援機構の奨学金を利用している人は多いです。

学資ローン(日本政策金融公庫)

日本学生支援機構の奨学金が有名ですが、国も日本政策金融公庫より学資ローンを提供しています。

銀行など民間の教育ローンに比べて利子率が低く、金利1.81%で最大350万円まで借りることができます。

返済期間も15年と比較的長く、ムリなく計画的に返済しやすいのが魅力ですが、在学中の返済でも利子がかかります。

教育ローン(民間金融機関)

教育ローンは、銀行など各種金融機関で提供している大学進学者向けのローンです。

国の学資ローンに比べて、融資額が高額ないっぽう、利子率が高く返済期間も短いなどのデメリットもあります。

特に人気が高いのは、「ちばぎんスーパー教育ローン」で、限度額は3000万円までとなっており、私立大学医学部の学費も十分カバーできる内容となっています。

ただし、金利は2.2~2.4%なうえ、返済期間は最長10年と短めなので、計画的な返済が必要となります。

したがって、教育ローンは最終手段というカタチで、日本学生支援機構の奨学金や国の学資ローンを優先的に検討するのが一番です。

家族や親戚から借りるという選択肢

社会人として親から独立した身であるため、両親や親戚などからお金を借りるのは気が引けるという人も多いかと思います。

しかし、無利子で借りれたり、病院や自治体などの奨学金と違って卒業後の進路が拘束されたりする制限もありません。

また、生活が厳しい月は返済の猶予を受けられたリ、返済期間や返済額など柔軟に対応してもらえるメリットもあります。

仮に、両親など医学部の学費をサポートしてもらえそうな場合は、積極的に相談してみることをオススメします。

医学部に合格し医師になった暁には、孝行を込めて多めに返済するなど色々と恩返ししていけば良いのです。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.