30代の医学部再受験

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

30代の医学部再受験は合格が難しいですが社会人経験を医療に活かすことが可能です。

医学部再受験TOP > 30代の医学部再受験

30代からの医学部再受験

医学部入試の特徴として、受験生の年齢層が幅広いことがよく挙げられており、30代であれば特別珍しいことでもありません。

ただし、合格を勝ち取る30代の受験生は決して多くはないのが実情となっています。

年齢による集中力と吸収力の衰えはどうしても避けられず、現役時代のようにスムーズに学習が進まないことにストレスや不安を感じることも多くなります。

ただでさえ、定員数が少ないうえに偏差値60以上の高い学力が要求される最難関試験を突破する必要があるため、並ならぬ努力と集中力がないと合格はできません。

もし、30代で医学部再受験に挑戦し、合格できずにドロップアウトした場合は、再就職も厳しいという覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

それだけの固い決意と必死さがなければ、最難関の医学部入試に合格するのは難しいのが現実です

社会経験が医療に活かせる

30代で医学部再受験を目指すのはデメリットばかりではありません。

社会で豊富な実務経験をこなしてきたことで、一度も社会を見ずに学生から医師になった人たちにはないスキルが沢山あります

まずは、挫折を知らない現役合格者よりも、壁や困難にぶつかった場合に対応できるスキルは30代のほうが経験値は高いです。

また、社会人時代に養ったビジネスマナーやコミュニケーション能力は、他の医療スタッフとの連携の際に活かすことができ、チーム医療に役立ちます。

30代は医学部受験を突破するのが非常に難しいですが、合格さえ勝ち取れば、柔軟な思考でより患者さん側に合った医師になることが期待できます。

30代は志望校選びと対策が重要

30代で医学部再受験を目指す人のなかには、経済的な理由から国公立に絞っている人もいるかもしれませんが、医学部合格を第一に考えるのであれば私立大学も選択肢にいれるべきです。

私立大学医学部は、出題パターンが大学ごとにはっきりしているだけでなく、併願受験によりより多くの医学部を挑戦できるからです。

国公立大学医学部のようにセンター試験を受験する必要もないので、最小限の教科を集中して学習できることも多くの学習時間を要する30代再受験生にはおすすめです。

ただし、国公立・私立問わず、医学部には年齢に寛容な大学と、そうではない大学があることを理解しておいてください。

近年は、現役生や1浪生重視の医学部が増えており、国公立大学でも東京大学理科三類および九州大学医学部以外は面接試験を導入しています。

私立大学医学部でも、小論文の非点数化や成績開示の廃止、4浪以上の比率低下などが出てきています。

したがって、医学部再受験を成功させるためには、一番入りやすい医学部を見つけ出し、対策を行うこととなります。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.