医学部予備校の通信教育を比較

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部予備校の通信教育なら、割安な学費で時間を有効活用できます。

医学部再受験TOP > 医学部予備校の通信教育を比較

医学部予備校の通信教育で再受験対策

医学部再受験生の多くは社会人のため、働きながらの学習により予備校の本科生への通学が困難な人も多くいます。

また、医学部予備校の学費は年間400万円以上のするコースも少なくないので、金銭的に受講するのが困難で、大手予備校などを選ぶ傾向があります。

しかし、医学部予備校は、医学部に特化した指導で高い合格率を誇っているため、再受験生の合格実績も高いのが特徴です。

そこで、学費を抑えたい、あるいは働きながら受験勉強をしたいという再受験生には、医学部予備校の通信教育がおすすめです。

通信教育は全国どこからでも受講可能なので、医学部予備校がない地方在住の再受験生でも、首都圏でトップレベルの実力・実績を誇る授業が受けられます

また、学費も通学生コースより割安な場合が多いうえに、交通費や寮費なども不要なので最小限の費用で学習できるメリットがあります。

ここでは、充実のフォロー制度で通学生と同じサポートが受けられるおすすめの通信教育を紹介していますので、再受験を検討している人は参考にしてみてください。

医学部予備校の通信講座メリット・デメリット

メリット デメリット
学費が安い 講師との距離が遠い(希薄)
学習時間に融通が利く 自己管理力が求められる
勉強場所が拘束されない 学習意欲の維持が難しい
通学費や寮費などが不要 すぐに解決できない

通信講座のメリットは、なんと言ってもお金と時間でしょう。

最小限の負担かつ学習時間は自分でコントロールできるので、仕事を続けながら医学部を目指す再受験生でも無理なく学習可能です。

ただし、自由度が高い分、自分で学習計画を立てながら計画通りに勉強に取り組む自己管理能力が求められます。

通信講座は1、通学コースのように学習管理が厳格ではないので、勉強がだんだん疎かになってしまい、いつの間にはフェードアウトしている医学部再受験生が沢山います。

また、1人で医学部を目指すためモチベーションを維持することも難しく、学習効率を更に悪化させるリスクもあります。

講師と定期的にコンタクトが取れるよう、メールや電話よりもテレビ電話などで直接コミュニケーションが取れる医学部予備校の通信講座がおすすめとなります。

おすすめランキング~通信教育編~

ランキング1位 医学進学社
医学進学社

医学進学社は、医師になるまでに必要なサポートを総合的に提供している医学部受験コンサルティングです。医学部受験でも高い実績を誇っており、多浪生から再受験生でも、年齢・学力に関係なく合格しています。通信制医学部受験コンサルティング「テスラ」は、受講生の学力や目的、性格や環境に合った個々の学習方法を提案しサポートしていくという、他には例のない合理的で画期的な受験コースです。自宅で学習を進める場合や予備校に通う場合など、あらゆるニーズに対応できる究極の受験対策となるでしょう。

学費 詳細 公式HP
1000人の医学部合格者を輩出させたプロが確実に合格できる学習プランを提案 詳細 公式HP
ランキング2位 ACE Academy
ACE Academy

ACE Academyは、学費が医学部予備校業界の中でも安いのが特徴の医学部予備校です。通信教育は月額2万円から受講できるので、社会人でも経済的負担を軽くできます。さらに、学費が安いだけでなく、医学部合格率が90%を超える高い実績が魅力です。

学費 詳細 公式HP
月額たったの2万円で医学部受験指導が受講可 詳細 公式HP
ランキング3位 メディカルアーク
メディカルアーク

メディカルアークは、オンライン上でプロ講師から直接指導が受けられるオンライン個別指導を開講しています。完全オーダーメイドカリキュラムで、通学することなく指導してもらえるので、モチベーションの維持はもちろん、限られた時間を最大に活用できるメリットがあります。

学費 詳細 公式HP
通学生と遜色無い学習環境を実現 詳細 公式HP

働きながらの医学部再受験は可能か

働きながらの医学部再受験

医学部入試を突破するための苦手科目を作らず、全ての科目で60を超える高い偏差値が必要となります。

しかし、働きながら医学部再受験を目指す場合、仕事によっては残業もあるので医学部予備校の夜間の時間割でも間に合わない人も多いと思います。

そのため、働きながら受験勉強をする人は独学の道を選びますが、医学部入試の難易度を考慮すると、よほど学力に自信がある人ではないと厳しいのが現実です。

そして、仕事と勉強を両立するには隙間時間を見つけていかに効率的に時間を活用しながら学習時間を確保できるかが合否に大きく影響を及ぼしてくるわけですが、その解決策として一番なのが通信講座の活用です。

通信講座なら自分で好きな時間に授業が受けられるので深夜・早朝を使って授業を受けることも可能です。

また、カリキュラムも医学部受験に必要な範囲だけ学んでいける構成になっているので、無駄な時間がありません。

さらに、質問受付もメールや電話で対応してもらえるので、独学のように分からない箇所があっても放置したり、見過ごしたりすることなく理解・定着させていくことができます。

働きながら医学部を目指すことは、合格者が一握りの再受験では人生のリスクヘッジとして魅力です。

残念ながら仕事を辞めて医学部再受験に専念したからと言って合格することは非常に難しいことに変わらないからです。

以上のことから、医学部再受験を目指す場合は、働きながらまずは通信講座で本気で目指すモチベーションや意志があるかまずは確認してみると良いでしょう。

医学部予備校の通信講座を受講すれば進路指導もしてもらえるので、再受験生では問題となってくる年齢に寛容かどうかも考慮した上で最適な志望校決定ができます。

医学部再受験に寛容な大学はコチラ>

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.