女性の医学部再受験

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

女性が医学部再受験を目指す場合は特有の問題に直面します。

医学部再受験TOP > 女性の医学部再受験

女性の場合は医学部再受験の時期で悩む

合格の札

医学部再受験は、医学部予備校の体験記を見ても分かる通り女性の合格者が多いです。

ただし、女性特有の悩みもあるようで医学部再受験をなかなか決断できないでいる人もいるかもしれません。

一番多いのは、結婚や出産の問題ではないでしょうか。

特に出産の場合は高齢になるほどリスクが高くなるので、子供が欲しい人はできるだけ若い頃に出産を経験したいと考えている人もいるはずです。

しかし、医学部再受験を挑戦するとなると25歳で勉強を始めて仮に1年で医学部に合格できたとしても、そこから6年間の医学部生活が始まります。

医学部卒業後も研修医時代が2年あるため、この場合には最短33歳で出産となります。

もちろん、研修医時代に出産することも可能ですが、この時期に1年ブランクを背負うのは影響が大きい上に、出産後も子供の育児はあるので医師としての仕事は非常に負担がのしかかってきます。

いずれにせよ、子供を作る場合夫や両親などがサポートする環境が整っていないと医師としてのキャリア形成は難しくなるでしょう。

それでも子育てをしながら活躍している女性の医師は沢山いるので悲観的になる事はありません。

政府も女性の雇用促進を後押ししている上に、医療機関は院内保育が充実しているので、子供を預ける上では他業界に比べて進んでいます。

結婚や出産を考えている女性の場合、医学部再受験で1年でも早く合格を勝ち取り次のステージに進むのが得策だと言えます。

主婦から医学部再受験の道も多い

子育ての合間を勉強時間に費やしたり、子供が大きくなって手がかからなくなったりして医学部再受験を目指す女性も多いです。

この場合、夫の理解があれば経済的負担も家計のやりくりで突破できるため、金銭的なハードルよりも医学部に合格できるだけの学力が習得できるかが課題です。

医学部受験の専念組に比べたら、家事や育児などどうしてもやる作業は増えるため勉強時間の捻出や学習の効率性が合否に大きく影響してきます。

ただし、医学部の勉強は大変なうえ、その後のキャリアも多忙が予想されるので、子育てや家事全般においては家族の協力が必要不可欠となります。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.