医学部再受験の面接対策

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部再受験でも面接対策をしっかり行えば合格も不可能ではありません。

医学部再受験TOP > 医学部再受験の面接対策

再受験生にとって面接が絶対に不利とは限らない

医学部再受験生の中には社会人経験がある人も多いと思うので、就活時代にしっかりと対策を行っていたのある程度の知識やノウハウを有している人も多いかと思います。

また、他学部に在籍しながら医学部を目指すなど社会人経験がゼロの人でも、アルバイトなどの面接は経験したことがあると思います。

現役生や浪人生は医学部入試の面接が人生初の人も多いので、この時点で多少のアドバンテージがあります。

特に、服装や身だしなみなど基本的なルールを知らない現役生など少なくありません。

逆を言えば、医学部再受験生が服装や身だしなみがきちんとしていないと、その時点で面接官がマイナースイメージを持つと言っても過言ではないでしょう。

年齢によって減点方式を採用したり、加点が付きにくいなど色々な噂がありますが、医学部によっては多様な経験を積んだ人物を求めている大学もあります

社会人は現役生や浪人生が経験していない貴重な職歴などがあるため、志望動機に含めながら伝えることで、面接官に好印象を与えることも可能です。

面接試験があるからと最初から諦めるのではなく、しっかりと準備をして挑むことで医学部合格を勝ち取ることができます。

事実、再受験生でも面接試験を課している医学部に合格している人がたくさんいます。

面接試験がない医学部を再受験生は好みますが、最近は面接試験を導入する医学部が増えており、今後は避けては通れない試験となります。

むしろ面接対策をしっかりと準備できれば、医学部の選択肢も大きく広げることが可能となります。

医学部の面接対策のポイント

医学部入試の面接試験は形式上の大学もありますが、点数化している大学も多いためしっかりと対策をして挑みましょう。

まず、医学部の面接試験では医療に関する時事的なテーマで質問されることが多いので、日ごろから医療業界の動向や問題に関する情報を入手しておき、自らの考え方などまとめておくといいでしょう。

また、特に再受験生は人生の進路変更をしてまで医学部を目指しているため、志望動機はしっかりと考えておくことが重要です。

この場合、マイナスな面を伝えると面接官への印象も悪くなるため、あくまでプラス思考で医学部を目指すことになった経緯や理由を伝えるようにしましょう。

ただし、素直に伝えたほうが面接官からのどんな質問にも対処できるため、丸暗記ではなくポイント、ポイントでまとめておくと自然に話すことができます。

あまりに事実とかけ離れたことを言うと、ボロが出たり矛盾が生じたりしてしまうので注意が必要です。

医学部予備校の面接対策は必須レベル

医学部予備校では、長年医学部指導を行っている実績豊富な講師やスタッフが多いため、面接試験も熟知しています。

毎年、実際の本試験で何を聞かれたか細かくヒアリング等を行っているため、長年にわたって蓄積された豊富な情報が豊富にあります。

何を聞かれるか大体の予想がつけば、それに対する回答を用意できるため本試験でもスムーズにやり取りができます。

また、医学部予備校の面接対策では、模擬面接として本試験を想定した雰囲気と内容で対策ができるためより緊張感のある実践的な訓練が行えます。

面接対策の経験豊富な講師が担当してくれるため、言葉使いから振舞い方など基本的なルールもしっかりと教えてもらえます。

さらに再受験生の場合は、年齢と経歴が面接時に質問される可能性が大きいですが、医学部予備校が回答を含めてしっかりとフォローしてくれるので安心して本番に臨むことが可能です。

医療人として適しているかの人間性を重視する傾向にある昨今の医学界では、学力が基準をクリアしていても面接試験で不合格になってしまうこともあるため、医学部予備校の面接対策は必須レベルと言えます。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.