40代の医学部再受験

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

40代の医学部再受験は非常に困難ですが合格者がいるのも事実です。

医学部再受験TOP > 40代の医学部再受験

40代からの医学部再受験

40代で医学部に合格したとしても医師になるのは50代を超える人も少なくないでしょう。

はっきり言って年齢がネックになるのは否定できなません。

医学部は医療業界の将来を担う人材を養成しており、40代と10代後半であれば医師として社会に貢献できる年数が圧倒的に違うからです。

国立大学医学部なんて税金で賄われている部分が大きいので、より高年齢の再受験生は敬遠されると思います。

群馬大学医学部では50代の主婦が筆記で高得点を取ったものの年齢を理由に不合格になっている前例もあります。

また、医学生時代、研修医時代、新米医師時代の全てにおいて同僚や上司は年下なので、扱い難いと思われて仕方がないことでしょう。

学力勝負の医学部もありますが、時代は現役生や1浪生など現役志向に変わりつつある大学が増えているのも事実です。

それでも医学部側が欲しがる人材であるかどうかが、学力を含めて考慮に入れられるはずなので、年齢のハンデを補える経歴等があるかも合否に影響してくると思います。

医学部に入ってからは受験時代と比較できないほど大変だという声を多く聞くので、それに耐えられる精神と体力を有するかも重要です。

40代の医学部再受験は無謀か

40代の医学部再受験生は合格まで非常に困難であることは間違いありませんが、可能性がゼロだということはありません。

実際に40代で医学部生活を送っている人が少なからずいるのは事実であるからです。

ただし、医学部合格まで学力を上げるまでが非常に困難になると思います。

40代と言えば、計算力は落ちているし、記憶力も現役生のライバルに比べると劣ってしまうでしょう。

しかも、体力も若い頃と同じようにいかず、勉強時間や学習量で差が出てしまい思うように学力が伸びない人が多いです。

30代でも医学部に合格する人は珍しい存在なのに、40代ならなおさら希少な存在となることでしょう。

高齢化社会の時代、40代であればまだまだ若いと言われてはいますが、再就職はまだまだ厳しいです。

医学部不合格の場合の進路は考えていますか?

40代で医学部再受験を目指すならまずは偏差値50台後半まで学力を上げてから本当に目指すかを判断したほうが良いです。

医学部再受験の環境にいきなり飛び込むより、まずは受験勉強に自分が適応できるかを見極めることから始めたほうがリスクは低いです。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.