医学部再受験の勉強法

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

医学部再受験の場合は時間が限られてくるので高得点が目指せる科目優先的に学習します。

医学部再受験TOP > 医学部再受験の勉強法

得点源となる科目を優先して学習

医学部受験の学科試験で一番点数が取り難いのは数学となっています。数学は私立医大でも難易度が高い大学が多く、部分点を稼いでいく大学も少なくありません。

数学が得意な受験生はそれを長所に他のライバルを圧倒できますが、数学が苦手な人は英語や理科科目で得点を伸ばしていく必要があります。

再受験生の人はとにかく時間がないので、英語と理科科目の比較的基礎知識がしっかりしていれば安定して点を取ることができる科目に力を入れるようにしましょう。

英語は特に勉強した分だけ成績に反映しやすい科目です。また化学も確実に得点源とすることが可能です。

最低限の点数は取れるようしっかりと数学の学習時間を確保しながらも他の英語と理科2科目を優先して学習するよう心がけると良いでしょう。

理科科目の選び方

京大や九大の医学部を除くとほとんどの医学部では理科は物理、化学、生物から2科目選択を課しています。

ここで、3科目からどれを選べばいいか毎年迷っている受験生を多く見かけます。

得意不得意はありますが、多くの受験生は化学は確実に選んでいます。化学はしっかり学習できれば得点源とすることができるからです。

次に生物か物理で迷う受験生が多いですが、基本的には好きな科目や得意な科目を選ぶと良いでしょう

以下では、特徴を踏まえた上で紹介していきます。

物理を選択する

物理は数学的要素が多い科目となっています。

したがって、数学が得意な人は物理を選択する傾向にありますが、数学が苦手な人は物理も苦手科目になってしまう人がよくいます。

また、物理は問題集など充実していて出題形式等も決まってくるため他大学の過去問を含めて問題集などで演習を重ねておけば類似問題に出会う確率も高くなります

さらに、理論立てて式を作って順に解答していくため満点が取りやすい科目と言われていますが、その分一箇所間違えると雪だるま方式で後の解答が全て間違ってしまうリスクもります。

したがって、数学が苦手な受験生は物理ではなく生物を選んでいる傾向があります。

生物を選択する

いっぽう、生物は数学的要素はなく、どちらかというと記述が多いので国語力が必要となってきます。

つまり、国語が苦手な理系の受験生は物理を選択している傾向があります。

生物は新しい形式の問題や医学部に関連した問題が作成されるため、入試本番で初見の問題形式に触れる機会もあります。

よって、初見の問題でも落ち着いて持っている知識を活かして解答していく応用力が要求されます。

ただし、暗記分野も多く基礎をしっかりマスターしておけば合格レベルの得点は期待できるので未習学者でも合格レベルに持って行きやすい科目です。

また、多くの受験生が物理を選択しているせいか問題集などの勉強材料が少ない点は否めないため、志望校と類似した出題傾向にある他大学の過去問や模試などを併用して演習していくと良いでしょう。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト All Rights Reserved.